SPEED

2016年11月30日

『4 COLORS』SPEED

4 COLORS
SPEED


01.WORLD DANCE
02.リトルダンサー
03.ヒマワリ-Growing Sunflower-
04.SURPRISE
05.PRIDE feat.大神:OHGA -Original ver.-
06.S.P.D
07.Stay Miracle
08.Unlucky X'mas
09.Let's Heat Up!
10.指輪
11.あしたの空
12.4 Colors
13.FAMILY


2012年11月14日、最高16位
初動0.9万枚、売上1.1万枚、登場4週
Produce:YUKI "Jolly Roger"、他
SONIC GROOVE


SPEEDの5thアルバム『4 COLORS』。03年の『BRIDGE』以来9年ぶり、08年の完全復活後では初のオリジナルアルバムにして現状SPEEDの最終アルバム。シングル「S.P.D」(8位 2.9万枚)「ヒマワリ-Growing Sunflower-」(9位 2.1万枚)「指輪」(10位 1.5万枚)「Let's Heat Up!」(15位 1.4万枚)「リトルダンサー」(18位 1.0万枚)収録。また復活後第1弾シングル「あしたの空」は09年のリテイクベスト『SPEEDLAND-The Premium Best Re Tracks-』に収録されていたが今作にも再び収録されている。2DVD付、DVD付、CDのみ、ファンクラブ限定盤の形態でリリース。この時点での(そして現状でも)最新シングル「リトルダンサー」の発売が11年8月であり、そこから1年数か月経っていきなり今作がリリースされた。メンバー稼働によるプロモーションも一切行われなかったのでオリジナルアルバムで初めてTOP10入りを逃す事態となり、そのまま自己最低順位、最低売上を更新した。

翌13年に新垣が結婚し、その際所属事務所との契約を更新せず退所していた事が判明し特に表明も無いまま事実上、2度目の解散状態となった。15年には島袋と今井で新ユニット「ERIHIRO」を結成するも活動はシングル1枚のみ。16年には今井が参議院議員選挙に立候補を表明しそのまま当選して議員になったのでSPEEDデビュー20周年の年だったにも関わらず何も音沙汰が無かった。

本格再結成後のSPEEDにはリアルタイムで何故か興味が湧かず、音楽番組等でシングル曲を耳にする事はあってもレンタルや購入にまでは至らなかった。今回、改めて1stから聴いて行って初めて今作を手にしたわけだけどこれが意外と良くて驚いた。今回はメインプロデュースをBENNIE KのYUKIが務めているのだがSPEEDと相性が良いのかYUKIの能力が高いのか全体的に勢いがあり聴きごたえがある。またYUKI以外の作家の曲も適度にキャッチーで申し分ない。やっぱりテレビでサラッと聴いた位で判断しちゃダメだと言う事か。年月を経た事で出せた貫録の一作というよりはまだまだ行けるぜ的な爽快さを感じる一作だったので、事実上の解散状態となっている現状は非常に惜しい…。

満足度★★★★☆

 2DVD付  DVD付  CDのみ




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月29日

『SPEEDLAND-The Premium Best Re Tracks-』SPEED

SPEEDLAND-The Premium Best Re Tracks-
SPEED


01.Long Way Home
02.あしたの空
03.Body & Soul
04.STEADY
05.Wake Me Up!
06.ALIVE
07.White Love
08.Snow Kiss
09.Breakin' out to the morning
10.熱帯夜
11.ALL MY TRUE LOVE
12.Precious Time
13.Go! Go! Heaven
14.my graduation


2009年8月5日、最高2位
初動5.5万枚、売上10.7万枚、登場12週
SONIC GROOVE


SPEEDのセルフカバーベストアルバム『SPEEDLAND-The Premium Best Re Tracks-』。08年8月31日の「24時間テレビ」出演を期に、期間を定めない完全復活を宣言してから初のアルバム。デビュー13周年を記念した作品でもあり、発売日は96年の1stシングル「Body & Soul」発売日に合わせている。現役時の全シングル11曲+アルバム&C/Wから2曲を選出しこれらは全てリテイクされている。更に08年11月の完全復活後初シングル「あしたの空」(3位 7.5万枚)を加えた全14曲。09年5月にリリースされていた最新シングル「S.P.D」は未収録となった。PVやスペシャル映像を収録したDVD付とCDのみの2形態でのリリース。解散時の3rdベスト『SPEED THE MEMORIAL BEST 1335days Dear Friends 2』以来9年半ぶりにTOP3入りを記録したが、コブクロ『CALLING』(初動23.1万枚)に及ばず最高順位は2位だった。今作を引っ提げて09年9月から全国ツアー「FamilyMart presents SPEED LIVE 2009 -Welcome to SPEEDLAND-」を開催。

往年のヒット曲をセルフカバーしたアルバムだが基本的には原曲のエッセンスはそのままにアップグレードしたような感じで大きな違いは無い。アレンジャーが変更された「Long Way Home」「Wake Me Up!」「Snow Kiss」は割と変化しているがそれでも「何じゃこりゃ…!?」とのけぞるような改悪はされていないので安心して聴く事が出来る。個人的に好きな曲ではあるもののそこまで原曲バージョンに馴染みが薄い「Snow Kiss」なんかは今作のテイクの方がどっしりしてて良いんじゃないか?と思った程だ。代表曲たちは流石に現役時のような元気さ、全開さは失われているものの勢いが格段に落ちたとか無理している感じは無くて好印象。セルフカバーの妙とかアレンジ違いを楽しむという類の仕上がりでは無いのでファンからは「変化無さすぎ」という声もあるかもしれないけど、09年当時SPEEDの魅力を世間に再度印象付けるには十分な作品だったと思う。

満足度★★★★☆

 DVD付  CDのみ




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月28日

『BEST HITS LIVE~Save The Children SPEED LIVE 2003~』SPEED

BEST HITS LIVE~Save The Children SPEED LIVE 2003~
SPEED


01.Be My Love
02.Go! Go! Heaven
03.STEADY
04.ALL MY TRUE LOVE
05.Snow Kiss(Unplugged)
06.my graduation(Unplugged)
07.ALIVE
08.Walking in the rain
09.Long Way Home
10.Stars to shine again
11.BODY & SOUL
12.White Love
13.Breakin' out to the morning
14.Wake Me Up!
15.熱帯夜


2004年2月11日、最高15位
初動1.3万枚、売上1.9万枚、登場4週
Produce:伊秩弘将
SONIC GROOVE


SPEEDの2ndライブアルバム『BEST HITS LIVE~Save The Children SPEED LIVE 2003~』。2度目の再結成をした03年の9月~11月に行われた全国ツアー「Save the Children SPEED LIVE 2003」でのライブ音源を収録。CCCDでの発売であり、初回生産分は紙製スリーブケース仕様。再結成は03年限定であり今作発売時には既に活動を終了していた事もあってか、アルバムでは自身初のTOP10落ちとなった。

前回のライブ盤『SPEED MEMORIAL LIVE "One More Dream" +Remix!!!』からは2年程経っているが急激に声が大人っぽくなっている印象。年齢的に10代後半から20代突入という一つの区切りを迎えていたというのもあるんだろうけど連続で聴くとその違いが分かる。原曲の元気いっぱいな感じは無くなり、高音がちょっと苦しげに聴こえてしまう部分があるのがやや残念(それでも十分上手いんだけど)。曲目も前作と被っているのが多く、どうしても前作と比べると勢いに欠けてイマイチかな…と思ってしまう。そんな中「Snow Kiss」と「my graduation」のアンプラグドバージョンは派手だった原曲を落ち着いたアレンジにする事でよりメロディーの良さが引き立っていて収穫だった。

満足度★★★☆☆






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月25日

『BRIDGE』SPEED

BRIDGE
SPEED


01.Be My Love
02.Stars to shine again
03.Cryin'
04.Walking in the rain
05.Need Your Hands,Tonight
06.WAY TO GO!
07.Bridge to Heaven
08.KISS
09.君とまた逢える日を
10.Still Blowing
11.華
12.四ツ葉のクローバー
13.WITH…


2003年11月27日、最高9位
初動5.6万枚、売上9.8万枚、登場9週
SONIC GROOVE
Produce:伊秩弘将


SPEEDの4thアルバム『BRIDGE』。2003年4月8日、「Save the Children 一緒に、始めよう。プロジェクト」を発足。日本全国に募金を呼びかけるキャンペーンのメッセンジャーとして、2度目となる期間限定(2003年のみ)の再結成となった。8月にシングル「Be My Love」(2位 12.6万枚)リリース。9月~11月に期間限定全国ツアー「Save the Children SPEED LIVE 2003」開催。11月27日に今作がリリースされ、同時発売でシングル「Walking in the rain/Stars to shine again」(13位 2.9万枚)もリリースされた。CCCDでの発売となり、初回生産分は紙製スリーブケース仕様。

今回もチャリティー先導の期間限定再結成だったが、01年の時と異なりシングル2枚にアルバム1枚(今作)に全国ツアー、更にテレビの音楽番組にも積極的に出演していて限定といえどもかなり本格的な再結成だった。僕は02年からJ-POPにハマり出したので、リアルタイムでSPEEDに触れたのはこの03年が最初であった。「Be My Love」プロモーション時、島袋と今井はまだ19歳という若さだったにも関わらず、画面を通して観るSPEEDは既に大御所の貫録を放っていたのを覚えている。

今作では初めて伊秩弘将と水島康貴以外の作家による楽曲が収録された事に加え、現役時は歌の面で殆ど出番が無かった上原と新垣がメインを務める曲も登場したりと大きな変化がある。現役時のような若さ全開路線とは異なり4人のハーモニーで魅せるような楽曲が多い。ただそれ故に全体的に抑えめで優しい曲調が続く(特に後半)ので最後の方はダレてしまう所もあるかもしれない。Tommy february6提供のキラキラポップ「Stars to shine again」(島袋と上原メイン)や珍しくハードな「Bridge to Heaven」のようなフックのある曲がもう1、2曲欲しかった。

余談だがCHARA提供で上原・新垣がメインを務めた「KISS」がモロにCHARAっぽいねっとりした歌い方になっていて驚愕した。これはもうモノマネの域に入ってると思うが…。それとも現役時は目立たなかったが実はこれこそが上原・新垣のボーカルスタイルなのだろうか?(そんな事は無いだろう)。

満足度★★★☆☆






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月24日

『SPEED MEMORIAL LIVE "One More Dream" +Remix!!!』SPEED

SPEED MEMORIAL LIVE "One More Dream" +Remix!!!
SPEED


01.Opening~ALL MY TRUE LOVE
02.STEADY
03.Wake Me Up!
04.ALIVE
05.Carry On my way
06.White Love
07.Body & Soul
08.Go! Go! Heaven
09.One More Dream
10.ラブリー❤フレンドシップ
11.my graduation
12.ALL MY TRUE LOVE-Za downtown weekend mix-
13.STEADY-Za downtown smoove mix-
14.White Love-Gospel mix-


2001年12月19日、最高7位
初動6.0万枚、売上8.4万枚、登場4週
トイズファクトリー
Produce:伊秩弘将


SPEEDの1stライブアルバム『SPEED MEMORIAL LIVE "One More Dream" +Remix!!!』。解散の翌年である2001年の8月21日、一夜限りの再結成を発表。同年10月6日、阪神・淡路大震災からの復興をアピールする「See阪神・淡路キャンペーン」目玉イベント「淡路夢舞台スーパーフラワーズライブ2001」の初日に登場し解散後初、一夜限りの再結成となった。その際のライブ音源を収録した自身初のライブアルバムが今作である。「One More Dream」は「See阪神・淡路キャンペーン」ソングとして書き下ろされ、12月12日に10万枚限定でリリースされたシングル曲でありこのライブでは一足早く披露されていた(この曲はライブバージョンが今作に収録されたのみで原曲はアルバム未収録)。ライブ音源は11までであり、12~14は既存曲のリミックスを収録。完全限定生産であり、収益金の一部は難民支援の義援金として寄付された。

解散が00年3月でありこの再結成ライブは翌01年の10月。ブランク僅か1年半での再結成という事でまだまだ現役時のオーラというか勢いは保たれている感じがする。アイドルのライブだがガッツリ生歌・生演奏という事で聴きごたえは抜群。観客の大歓声もしっかり収録されておりライブならではの熱狂を感じ取れるのも大きな魅力だ。イントロが流れるたびに巻き起こる大歓声は問答無用でテンションが上がる。「my graduation」の2番Bメロで今井が感極まって歌えなくなる等、生ならではの要素もグッとくる。解散後とはいえ新垣以外の3人はまだ10代であり、自己紹介やMCでの弾けた感じや声にはまだあどけなさが残っていて新鮮。この01年の再結成は限定シングル1枚のリリースとこのライブ位だったようなので、当時の活動を熱狂と共に記録した今作の存在はかなり貴重だと思われる。ただ当時の時流に合わせて収録されたであろうラストのリミックス3連発は蛇足だったかなと…。サラッと流れて行ってしまい全く印象に残らなかった。

満足度★★★★☆






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)