TOKIO

2016年04月21日

TOKIO アルバムレビュー 1996-2014

ここではTOKIOのアルバム感想を載せていきます。


『Best E.P Selection of TOKIO』
(1996年8月26日 最高4位 初動7.3万枚 売上10.5万枚 登場5週)

【風になって~Studio Live Mix~/Ticket To Love~Gimme Gimme Mix~/うわさのキッス~Brighter Mix~/SokoナシLOVE~New Sokonashi Mix~/サヨナラからとり戻せ/Magic Channel~Special Mix~/未来派センス/Zettai!/時代(TOKIO)をよろしく!/明日の君を守りたい/ハートを磨くっきゃない/LOVE YOU ONLY/ありがとう…勇気~Hyper Energy Mix~(Bonus Track)】

初のベストアルバム『Best E.P Selection of TOKIO』。94年のデビュー以降、リリースされたシングル9曲に加えアルバムから数曲セレクトして収録。6thシングル「好きさ~Ticket To Love~」はタイトルが「Ticket To Love」に変更されている。

初期のTOKIOは全体的に歌謡アイドルポップみたいな雰囲気が強く、現在の感覚で聴くとかなりアイドル色が強い。バンドサウンドでガツーン!というよりは、キラキラなアイドルソングに辛うじてバンド風味が入っていますみたいな感じ。長瀬のボーカルも後の硬派なイメージとは程遠くコテコテに甘い。ただその違和感に目を瞑れば、曲のメロディー自体は良いものが揃っているので楽しく聴けると思う。「LOVE YOU ONLY」や「うわさのキッス」等の有名シングルは勿論、他のベストには入っていない「明日の君を守りたい」なんかもかなりメロディアスで好き。96年のCDにしては音量が小さく感じるのがやや残念かな。

満足度★★★☆☆



―――――――――――――――――――――――――

『BEST EP SELECTION OF TOKIO Ⅱ』
(2001年5月9日 最高6位 初動4.1万枚 売上6.6万枚 登場5週)

【Everybody Can Do!/フラれて元気/Dash for the Dream(Bonus Track)/Julia/あたってくだけろ!(Bonus Track)/この指とまれ!/Love & Peace/君を想うとき/Oh!Heaven/何度も夢の中でくり返すラブ・ソング/溢れる想い/忘れえぬ君へ…/愛の嵐/みんなでワーッハッハ!/愛はヌード/恋に気づいた夜/OH! IT'S TRUE LOVE(Bonus Track)】

2ndベストアルバム『BEST EP SELECTION OF TOKIO Ⅱ』。前ベストの続編的位置づけであり、TOKIOの20世紀の集大成とA面コレクションというテーマで制作・リリースされた。今作をもってソニーミュージックレコーズを離れ、ユニバーサルミュージックへと移籍した。

松岡主演ドラマ『サイコメトラーEIJI』(「フラれて元気」「愛の嵐」)、国分主演ドラマ『せいぎのみかた』(「Julia」)は観ていたし、更に「Everybody Can Do!」がオープニングテーマだったアニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』も毎週欠かさず観ていたのでタイアップ曲にはどれも思い入れがある。小学校低学年だった当時はJ-POPに興味を持つ前だったがそれでもどれも良い曲だなぁと思っていた。他にも今作を買って初めて知った「君を想うとき」や「忘れえぬ君へ…」は特に素晴らしいロック・バラードで感動をおぼえた。制作陣を変えた事もあってか前ベストと比べると一気にTOKIOらしさが開花したような印象だ。『鉄腕DASH』や『メントレG』、『ガチンコ』等でバラエティタレントTOKIOとしての浸透度が増していったのもこの時期だろう。アイドルバンドからTOKIOへとステップアップした時期を切り取った重要な一作。

満足度★★★★★



―――――――――――――――――――――――――

『HEART』
(2014年7月16日 最高1位 初動4.1万枚 売上8.2万枚 登場31週)

DISC-1
【リリック/LOVE YOU ONLY/君を想うとき/花唄/GREEN/AMBITIOUS JAPAN!/Julia/glider/Mr.Traveling Man/自分のために/宙船(そらふね)/スベキコト/雨傘/見上げた流星/DR/ハート】
DISC-2
【Yesterday's/僕の恋愛事情と台所事情/路傍の花/Symphonic/The Course of Life/PLUS/Sometimes/ロースピード/Dream & Breeze/sugar/Zettai!/JUMBO/SONIC DRIVE!/T2/こころ】

20周年記念ベストアルバム『HEART』。ベスト盤としては3枚目。今までのキャリアの中からファン投票によって選出された楽曲を収録したオールタイムベスト。DISC-1にシングル表題曲、DISC-2にアルバム・カップリング曲が収録されておりそれぞれ投票順位の順番。更に長瀬、城島がそれぞれ作詞作曲した新曲「ハート」「こころ」が収録されている。アルバムでは04年のカバーアルバム『TOK10』以来、9年10か月ぶりの1位獲得となった。

ファン投票ベストというとマニアックな内容になりがちだが、DISC-1をシングル、DISC-2をその他と振り分けたおかげで聴きやすい。DISC-1では「LOVE YOU ONLY」「君を想うとき」「花唄」「AMBITIOUS JAPAN!」「宙船(そらふね)」といった代表曲をしっかり押さえる事ができ、その他の曲もテレビ等で耳にしたものが多いので楽しめる。長瀬作詞作曲の「リリック」が1位というのはやはり近年のファンが投票した故の結果なのだろう。『サイコメトラーEIJI』主題歌だった「フラれて元気」「愛の嵐」辺りはもっと人気あると思っていたんだけど圏外とは意外。逆に「GREEN」とか単なるバラードって感じであまり印象無かったんだけど、今作で聴いた事でその名曲ぶりに気づかされた。DISC-2ではファン人気の高い隠れた名曲が堪能できる。殆ど初めて聴く曲ばかりだったんだけどどれも風格があるというか、アルバムでいったらラストとかクライマックスに入っているようなラスボス的などっしりナンバーが続くので一気に聴くのはちょっとしんどいけれど良いものは良い。古い曲もリマスターで迫力が増しているのでgoodだし、今からTOKIOを聴くならばまず今作を手に取るのが良いんじゃなかろうか。

満足度★★★★★

 初回盤1  初回盤2  通常盤




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)