PAMELAH

2016年12月13日

『BEST OF BEST 1000 PAMELAH』PAMELAH

BEST OF BEST 1000 PAMELAH
PAMELAH


01.LOOKING FOR THE TRUTH
02.SPIRIT
03.BLIND LOVE
04.いとしいキミ
05.I shall be released
06.I FEEL DOWN
07.涙
08.キレイになんか愛せない
09.TWO OF HEARTS
10.BABY BABY


2007年12月12日、最高237位
売上0.2万枚、登場2週
Produce:長戸大幸、小澤正澄
B-Gram RECORDS


PAMELAHのベストアルバム『BEST OF BEST 1000 PAMELAH』。ビーイング創立30周年記念に合わせて10パターン一斉発売されたベストアルバムシリーズの一つ。02~03年に発売された『at the BEING studio』シリーズの廉価版的構成で、タイトルの1000とは定価の税抜価格を表している。今シリーズの公式サイトではライナーノーツを読む事が可能だったが現在ではサイトごと削除されている。現役時代含めて通算3作目のベスト盤となった。

セールス全盛だった1st~8thシングル、一つ飛ばして10thシングル「TWO OF HEARTS」、更に2ndアルバムから「BABY BABY」を加えた10曲。ただ10曲中「TWO OF HEARTS」以外の9曲は97年ベスト『HIT COLLECTION~CONFIDENCE~』に収録されているし、全シングルを追える『complete of PAMELAH at the BEING studio』の存在もあるのでかなり中途半端な内容である。『HIT COLLECTION』『at the BEING studio』を所持しているならわざわざ手に取る必要も無い作品だと思う。一応リマスタリングによって当時の音源よりも音がくっきりハッキリしているようには感じる。あと斉田才によるライナーノーツがポイントだろうか。まぁネットでは「間違いだらけ」「どこかズレている」と批判されているし実際僕も読んでて「ん?」と感じる部分が多々あったものの、ビーイングを聴くならば興味本位で目を通しておくのも損は無い。

満足度★★★★☆






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月12日

『complete of PAMELAH at the BEING studio』PAMELAH

complete of PAMELAH at the BEING studio
PAMELAH


01.LOOKING FOR THE TRUTH
02.I FEEL DOWN
03.キレイになんか愛せない
04.I shall be released
05.BLIND LOVE
06.涙
07.SPIRIT
08.いとしいキミ
09.CONFIDENCE
10.TWO OF HEARTS
11.キズナ
12.記憶
13.許されない恋
14.individualism
15.LOVE IS PAIN※水原由貴ソロシングル
16.曖昧※未発表曲


2003年1月25日、最高126位
売上0.5万枚、登場3週
Produce:長戸大幸
B-Gram RECORDS

2012年9月26日(再発)
B-Gram RECORDS


PAMELAHのベストアルバム『complete of PAMELAH at the BEING studio』。ビーイング主導でアーティスト毎に纏められた『at the BEING studio』シリーズ第7弾。これまでの全シングルをリリース順に収録。更に00年3月に発売された水原のソロシングル「LOVE IS PAIN」(74位 0.3万枚)、PAMELAHとしての未発表曲「曖昧」を加えた全16曲。00年以降活動が一切無くなり凍結状態に陥っていたが今作発売後、ファンクラブ会員に正式に活動停止が通知されたという。全曲リマスタリング、ライナーノーツ付き、スペシャルBOX仕様。12年9月26日には価格を1680円に改め期間限定で再発された。

デビューからラストシングルまでが順番通りに並んでいるシングルコレクション的ベストなので初心者には一番分かりやすい内容。資料的な価値十分。ただ僕としては、これからPAMELAHに触れようという人には今作よりも97年のベスト『HIT COLLECTION~CONFIDENCE~』の方をオススメしたい。あちらならばセールス全盛期のシングルに加え1st~3rdアルバム期のアルバムやカップリングの名曲が収録されている。アルバムにこそ光るナンバーが揃っていたPAMELAHゆえ、実験的な色が見える末期のシングル群を聴くよりも初期~中期のアルバム曲の方が抜群にキャッチーだしこのユニットの勢いを感じられると思う。

水原のソロシングル「LOVE IS PAIN」は作曲を元ZYYGの後藤康二、編曲を第1期WANDSの大島こうすけが手掛けているのでPAMELAHとはかなり色が異なるしんみりバラード。しかし小澤以外の曲を歌う水原というのも新鮮だし声の魅力を改めて感じられる一曲なのでファンならば持っておいて損は無い。あと未発表曲「曖昧」の〈曖昧にはしたくないよ 自然消滅はいらない〉というフレーズが妙に目をひく。結果的に自然消滅となってしまったPAMELAHの末路と重なりかなり意味深だ。WANDSが解体後にリリースした未発表曲「太陽のため息」(00年のベスト『BEST OF WANDS HISTORY』収録)の歌詞もかなーり意味深だったし…。ビーイング側は意図的にやっているのだろうか?だとしたら何だか怖いぞ…。

満足度★★★★☆

  2012年廉価盤




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月09日

『ism』PAMELAH

ism
PAMELAH


01.この両肩を抱きしめて
02.DISTANCE
03.許されない恋
04.COROMOTION
05.傷跡
06.ism(instrumental)
07.記憶
08.individualism
09.ダーリン
10.魅惑の扉~ism mix~
11.POLICY


1999年9月29日、最高18位
初動1.7万枚、累計2.7万枚、登場3週
Produce:BMF、小澤正澄
日本コロムビア/Beat reC


PAMELAHの5thアルバム『ism』。シングル「記憶」(50位 0.9万枚)「許されない恋」(49位 0.7万枚)「individualism」(50位 0.6万枚)に加えC/Wから「魅惑の扉」を収録。初回特典として水原の直筆イラスト入りステッカーが封入された。売上は低迷していったものの、99年には初のトークイベント開催、更にファンクラブ結成などまだまだ順風満帆な活動が続くと思いきや結果的に今作が最後のオリジナルアルバムとなってしまった。今作の後は00年3月に水原がソロシングル「LOVE IS PAIN」を発売したのみでPAMELAHとしての活動は無くなった。wikiによると01年には活動休止(実質的な解散)したと見られる。03年1月の『complete of PAMELAH at the BEING studio』発売後、ファンクラブ会報にて正式に活動停止が通知されたらしい。

ビーイングユニットの最後は自然消滅が多いというイメージがあるんだけどPAMELAHも例外では無かった。しかもファンクラブを開設した途端に活動が停止したというのがかなり謎である。活動終了は本人らの意向なのか、それとも会社都合によるものなのか…。何にせよリアルタイムで応援していたファンにとってはたまったものでは無かっただろう。ビーイングという会社にはつくづく謎が多い。

そんなわけで結果的にラストアルバムとなった今作。これまでのように一発で「良い!」と持っていかれるような曲や、突出した一曲が無いので最初に聴いた時はサッパリ…という感じだったけど何度か聴いているとどの曲も味わい深いと思えるようになった。ラストシングル「individualism」では占いや血液型に対する水原なりの批判が込められていて中々面白い。もし活動が続いていたらどのように作風が変わっていったのだろうと考える事もあるけど、今作を聴く限りこれ以上の発展は無さそうに思うし初期の焼き直しみたいなナンバーを無理くり生み出したりする位だったらここで終了となったのも潔くて正しかったのかなと感じる。

満足度★★★★☆

  オンデマンドCD




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月08日

『REMIX EDITION~PAMELAHOLIC~』PAMELAH

REMIX EDITION~PAMELAHOLIC~
PAMELAH


01.いとしいキミ(DOUBLE TIME MIX 4 YOUR MIND)
02.LOOKING FOR THE TRUTH(Space Travellers Floor mix)
03.SPIRIT(little nicely clouds remix)
04.BLIND LOVE(hifp REMIX)
05.stay cool(マン山田 REMIX)
06.I shall be released(MALAWI ROCKS CLUB MIX)
07.キレイになんか愛せない(Wild House Ecstasy Edit)
08.涙(Downtown Human Vybe Remix)
09.I FEEL DOWN(#3110 REMIX)
10.It's my fault(マン山田 REMIX)
11.記憶(URU-exhole Mix)
12.DON'T CRY ANYMORE(CHRONIC DOB MIX)


1999年7月28日、最高39位
売上1.2万枚、登場2週
Produce:BMF、小澤正澄
日本コロムビア/Beat reC


PAMELAH初のリミックスアルバム『REMIX EDITION~PAMELAHORIC~』。小澤が監修を担当したとされる。

想像通りのリミックスらしい(?)リミックスアルバムである。原曲を知っている事が前提で、リミックスによってどこがどう変わったのかを楽しむ…という聴き方が主なんだろうけどやはり一回聴けば十分という感じで良さを見出すのは難しい。PAMELAHで最も好きな曲である「It's my fault」も収録されているがどよーんとした漆黒のナンバーに変貌しており原曲の面影はまるで無い。リミックス作品に造詣があったり好きだったりする人ならば楽しめるのだろうか?「このリミキサーのリミックス作品が聴きたい!」みたいな思いがあれば手に取っても良いだろう。僕はやはり好きになれない。唯一原曲を知らなかった「DON'T CRY ANYMORE」(1stシングルカップリング)はメロディーが中々良さげだったので、それを知れた事が収穫かな。

満足度★☆☆☆☆

  オンデマンドCD




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月07日

『HEARTS』PAMELAH

HEARTS
PAMELAH


01.ヒロイン
02.by the sea
03.WILL
04.キズナ
05.HEARTS
06.TWO OF HEARTS
07.コントロール~'98 MIX~
08.罪
09.心の鍵~HEARTS MIX~
10.STARLIGHT
11.a short lived love


1998年9月30日、最高9位
初動3.9万枚、売上6.8万枚、登場5週
Produce:BMF、小澤正澄
日本コロムビア/Beat reC


PAMELAHの4thアルバム『HEARTS』。シングル「TWO OF HEARTS」(30位 2.2万枚)「キズナ」(34位 1.4万枚)に加えC/Wから「コントロール」「a short lived love」「心の鍵」を収録。98年5月に日本コロムビア内にビーイングのレーベルBeat reCが設立されPAMELAHもそこへ移動。結果的に自身最後のトップ10入り作品となった。

1st~3rdアルバムまでのような勢いは完全に落ち着いた。アルバム1枚通して若干暗いというか、これまでとは一線を画している感じ。初となるインスト曲「WILL」を挟んだり、全体的に新たな試みを取り入れようという意欲が伝わってくる。この時期になるとシングル曲がパッとしないように思う(シングル「TWO OF HEARTS」もスピーディーでPAMELAHらしい雰囲気はあるものの肝心のメロディーがイマイチ冴えない)んだけどアルバム全体としてはやはりまだまだ聴きごたえがある。特にラストナンバーである「a short lived love」が秀逸。物悲しい恋の終幕を歌い上げるバラードで突出した名曲だと感じた。この時期になるとシングル曲よりも完全にアルバム曲の方が上回っているように思うのでやはりベスト盤だけではPAMELAHの真髄は見えてこない。

満足度★★★★☆

  オンデマンドCD




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)