歌手別レビュー か行

2017年02月24日

『Ballad Selection』KinKi Kids

Ballad Selection
KinKi Kids


01.愛のかたまり(M album Ver.)※光一・剛共作
02.むくのはね
03.雪白の月
04.青の時代
05.薄荷キャンディー
06.Anniversary
07.Family~ひとつになること※光一・剛共作
08.いのちの最後のひとしずく
09.Love is…~いつもそこに君がいたから~
10.もう君以外愛せない
11.to Heart
12.停電の夜には-On the night of a blackout-
13.銀色 暗号※光一・剛共作
14.White Avenue※通常盤のみ収録
15.道は手ずから夢の花(20th Anniversary Ver.)※通常盤のみ収録


2017年1月6日、初登場1位
初動12.3万枚、売上15.5万枚、登場8週
Produce:KinKi Kids
ジャニーズ・エンタテインメント


KinKi Kids初のバラードベストアルバム『Ballad Selection』。これまでのキャリアの中からバラードをセレクトして収録。初回盤はジュエリーBOX仕様で光一・剛本人の直筆メッセージ入り。通常盤はボーナストラックとして新曲「White Avenue」とこの時点での最新シングル「道は手ずから夢の花」の20周年バージョンが追加収録されている。

07年のファン投票+自選ベスト『39』とは15(13)曲中7曲(その内「愛のかたまり」はバージョン違い)が被っており、おまけにKinKiファンはバラードに魅力を感じている人が多いようであの時の投票上位4曲がモロに被っている。なので何となく既視感のある選曲である。更に紅白初出場で固定ファン以外の興味が湧きやすいこのタイミングなら外向けなオーソドックスベストの方が良いんじゃないかな?とか色々思う所がありあんまり期待してなかったんだけど、いざ聴いてみたらやはり名曲揃いだなぁ…と。「愛のかたまり(M album Ver.)」なんかは『M album』で聴いた時は埋もれてたんだけど今作でピックアップされた事で素晴らしい出来だと思えたし改めてメロディーの良さを感じられた。ファンが改めてKinKiバラードの魅力に浸れる一作でもあるし、重量級では無く1枚モノなので「青の時代」や「もう君以外愛せない」位しか知らない人でも結構聴きやすいんじゃないかと。初期の名曲「せつない恋に気づいて」や「FRIENDS」も入って良いような気はするが、やがて出す(かもしれない)通常ベストの方に温存しているのだろうか?

通常盤ボーナストラック
完全新曲「White Avenue」は派手さは無いもののKinKiバラードの旨味をしっかり入れ込んだ良曲。シングルA面という感じでは無くC/Wの名曲という雰囲気か。反対に「道は手ずから夢の花(20th Anniversary Ver.)」はオリジナルと打って変わって派手なアレンジにされている。壮大にはなったけどこの曲に関してはシングル時の落ち着いたアレンジの方が味わい深くて好きだった。

満足度★★★★☆

 初回盤  通常盤




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月23日

『N album』KinKi Kids

N album
KinKi Kids


01.naked mind
02.鍵のない箱
03.モノクローム ドリーム
04.星見ル振リ
05.薔薇と太陽
06.鉄塔の下で
07.ホタル
08.陽炎~Kagiroi※剛・堂島孝平共作
09.Plugin Love
10.夜を止めてくれ
11.Summer~僕らのシルエット~※通常盤のみ収録
12.KING PROTEA
13.雨音のボレロ※通常盤のみ収録
14.夢を見れば傷つくこともある
15.なんねんたっても


2016年9月21日、初登場1位
初動13.1万枚、売上15.1万枚、登場17週
Produce:KinKi Kids
ジャニーズ・エンタテインメント


KinKi Kidsの15thアルバム『N album』。前作『M album』に未収録だったシングル「鍵のない箱」(1位 17.3万枚)に加え「夢を見れば傷つくこともある」(1位 17.4万枚)「薔薇と太陽」(1位 21.2万枚)を収録。2連続2枚組だったが今回は1枚に戻った。今作では共同プロデュースとして堂島孝平が参加している。タイトルの「N」は「naked」「natural」から来ており「ありのままで自然体の感性」を表しているという。初回盤は全13曲収録かつ「なんねんたっても」のMV・メイキング映像を収めたDVD付。通常盤は「Summer~僕らのシルエット~」「雨音のボレロ」が追加収録された全15曲入り。

ここ数作の勢いのまま、今作も安定感抜群の一作。セルフプロデュースが始まった00年の『D album』辺りから長く関わりがありKinKiを知り尽くしている堂島孝平が共同プロデュースという点も安定感に磨きをかけているのだろう。ここまでKinKiを聴いてきた人ならば文句なしに気に入るだろうし、いちポップスアルバムとして聴いても極上の一作だと思う。特に1曲目「naked mind」から「薔薇と太陽」までの勢いは圧巻。20年目にしてこの勢いは本当に凄い。デビュー20周年、そして21年目に向けて非常に良い状態にいると感じた。

満足度★★★★★

 初回盤DVD付  通常盤




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月22日

『M album』KinKi Kids

M album
KinKi Kids


side Moments-DISC 1
01.Be with me
02.我儘
03.たいむ・とらべ・らばーず
04.エゴイスティック・ロマンス
05.SPEAK LOW
06.Want You
07.aeon※通常盤のみ収録
08.僕らの未来
09.Glorious Days~ただ道を探してる
10.もう君だけは離さない
11.Two of Us
12.Where is※通常盤のみ収録
13.EXIT
14.Stay Together※通常盤のみ収録

side Memories-DISC 2
01.Rocks
02.せつない恋に気づいて
03.このまま手をつないで
04.雨のMelody
05.もう君以外愛せない
06.愛のかたまり※通常盤のみ収録
07.HAKKA CANDY
08.Bonnie Butterfly
09.恋涙※通常盤のみ収録


2014年12月10日、初登場1位
初動13.6万枚、売上15.5万枚、登場9週
Produce:KinKi Kids
ジャニーズ・エンタテインメント


KinKi Kidsの14thアルバム『M album』。前作『L album』に引き続き今作も2枚組仕様。14年3月にジャニーズ公式サイト通信販売限定でブランケット封入プレミアム・グッズとしてリリースされた「Glorious Days~ただ道を探してる」を収録。この曲は公式サイトではシングルのディスコグラフィーに掲載されているが通販限定のためチャート対象外だった。約1か月前にリリースされていた34thシングル「鍵のない箱」は未収録(次回作『N album』に収録)となり、DISC 1は前述の「Glorious Days」以外全て新曲で構成されている。DISC 2は過去の楽曲をリアレンジしたセルフカバー集。初回盤は三方背ケース、32Pブックレット、DVD付。通常盤は28Pブックレットに加えDISC 1に「aeon」「Where is」「Stay Together」、DISC 2に「愛のかたまり」「恋涙」をそれぞれボーナストラックとして追加収録。

side Moments-DISC 1
1曲目からシングル級のどキャッチーなナンバーで幕を開けそのまま怒涛の勢いで聴かせる。前々作『K album』辺りで何かを掴んだのかキャッチーでキラキラと言っても初期とは違い二人の表現力が増しておりKinKi Kidsの進化を感じる事が出来る。通常盤だと14曲収録という事で流石に後半になってくると1曲1曲の印象が薄くなってくるもののトータルの印象としては素晴らしいの一言。良曲の集合体である。

side Memories-DISC 2
セルフカバー集となっており過去曲のリメイクが時系列順に並んでいる。現在のKinKiのテイストに合わせて編曲・コーラスアレンジを変更しており元々クール系だった「Bonnie Butterfly」等はそこまで変化していないが「せつない恋に気づいて」や「このまま手をつないで」等のキラキラしたナンバーはアーティスティックでゴージャスな雰囲気に仕上がっている。個人的には「薄荷キャンディー」の英語詞リメイク「HAKKA CANDY」が素晴らしくお気に入り。元々好きな曲だったがこれに関しては原曲を越えてきたと思った。珠玉の一曲。初期の曲をリメイクする事で、KinKiのボーカリストとしての成長・進化を分かりやすく感じ取れるDISCである。楽曲自体名曲揃いだし、元々の面影が全く無いとかいう改悪も無く原曲を知っているファンでも知らない人でも楽しめる内容だと思う。

僕は05年辺りに一旦KinKiを離れて、リアルタイムでは前作『L album』で再び聴くようになりその流れで今作も聴いたんだけど今のKinKiはこんなにも良いのか!?という感動があった。好感触だった『L album』をも軽く飛び越えてきたのでその分の感動も含めての満足度になる。感動という点では個人的に全アルバム中トップかもしれない。

満足度★★★★★

 初回盤DVD付  通常盤




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月21日

『L album』KinKi Kids

L album
KinKi Kids


DISC LOVE
01.むくのはね
02.勇敢な君に
03.まだ涙にならない悲しみが
04.この月は沈まない
05.Cool Beauty
06.3-2-1
07.Stand By Me
08.i love you
09.恋は匂へと散りぬるを
10.Candle Night※通常盤のみ収録

DISC LIFE
01.スピード
02.命のキセキ
03.変わったかたちの石
04.Tomorrow Again
05.ウタカタ
06.Morning Glory
07.WELCOME
08.君らしく生きる君が好きだ※通常盤のみ収録


2013年12月4日、初登場1位
初動13.7万枚、売上16.0万枚、登場11週
Produce:KinKi Kids
ジャニーズ・エンタテインメント


KinKi Kidsの13thアルバム『L album』。シングル「変わったかたちの石」(1位 14.8万枚)「まだ涙にならない悲しみが/恋は匂へと散りぬるを」(1位 20.4万枚)収録。初の2枚組アルバムとなっておりそれぞれテーマ別に「DISC LOVE」「DISC LIFE」とされている。初回盤はシングル3曲のPVを収録したDVD付。通常盤には各DISCにそれぞれボーナストラックが追加収録されている。

2013年当時長らくKinKiから離れていた僕だったが、先行シングル「まだ涙にならない悲しみが/恋は匂へと散りぬるを」のキラキラしたキャッチーさに心奪われその勢いで今作も手に取った。『G album-24/7-』以来実に10年ぶりにオリジナルを聴いた訳で今作は僕にとってのKinKi復帰作である。前作のようなコンセプトこそ無いものの今作も適度にキャッチーで適度にカッコいい進化したKinKi Kidsを堪能できる。「まだ涙にならない悲しみが」程のオーラのある曲は無いけどシングルの勢いに引っ張られて全体的に聴きやすく満足な一作。2枚組だがさほどボリュームがある訳でも無いし一気に聴ける。初期のアイドルポップ時代だけ聴いていた人、または『KinKi Single Selection Ⅱ』辺りで聴くのを止めてしまったという人でも前作や今作からならハマれるのではないかと思う。

満足度★★★★☆

 初回盤DVD付  通常盤




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月20日

『K album』KinKi Kids

K album
KinKi Kids


01.願う以上のこと 祈る以上のこと
作詞:吉田美和、作曲:中村正人、編曲:武部聡志
02.同窓会
作詞:松本隆、作曲:林田健司、編曲:CHOKKAKU
03.危険な関係
作詞・作曲:吉田拓郎、編曲:CHOKKAKU
04.ラジコン
作詞:松本隆、作曲:筒美京平、編曲:船山基紀
05.さよならのエトランゼ
作詞:Satomi、作曲:馬飼野康二、編曲:岩田雅之
06.Family~ひとつになること
作詞:堂本剛、作曲:堂本光一、編曲:吉田建
07.いのちの最後のひとしずく
作詞・作曲:山下達郎、編曲:船山基紀
08.ヒマラヤ・ブルー
作詞:松本隆、作曲:織田哲郎、編曲:吉田建
09.もっと もっと
作詞・作曲:YO-KING、編曲:堂島孝平
10.破滅的Passion
作詞:秋元康、作曲:伊秩弘将、編曲:ha-j
11.2nd Movement
作詞・作曲:井出コウジ、編曲:鈴木雅也
12.Time
作詞:U-Key zone・mikula、作曲・編曲:U-Key zone
13.きみとぼくのなかで
作詞・作曲・編曲:堂島孝平
14.僕が生まれた日※通常盤のみ収録
作詞:canna、作曲:Steve Mac・Shusui、編曲:石塚知生
15.Family~ひとつになること[Unplugged]※通常盤のみ収録
作詞:堂本剛、作曲:堂本光一、編曲:武部聡志


2011年11月9日、初登場1位
初動15.2万枚、売上18.1万枚、登場11週
Produce:KinKi Kids
ジャニーズ・エンタテインメント


KinKi Kidsの12thアルバム『K album』。シングル「Family~ひとつになること」(1位 19.1万枚)「Time」(1位 17.1万枚)収録。タイトルの「K」には絆・軌跡・感謝・感動などの意味が込められており、過去にKinKi Kidsのシングル曲の制作に関わってきた作家・ミュージシャンに楽曲提供を受けて制作された。初回盤はデビューシングル「硝子の少年」から31stシングル「Time」までのPVを収録したDVD付。通常盤はボーナストラック「僕が生まれた日」「Family~ひとつになること[Unplugged]」が追加収録されている。

KinKiファンならば何と豪華なんだと思える壮観なクレジット。KinKi Kids+この作家陣なら良いモノにならないハズが無いという程の面子であり、楽曲の方も名前負けしないとびきりキャッチーで良メロな盤石ナンバーが並ぶ。ここ数作のスタイリッシュさは薄まったがKinKiらしさはちゃんと保たれておりセルフプロデュース以前・以後が上手い具合に混じり合った印象。本人たち曰く「歌い手に徹しデビュー当時に近い感覚でレコーディングした」という事だがある意味歌わされていた感のあった初期とは異なり今作ではしっかり「KinKi Kidsの曲」として自分達のモノにし昇華しているように思う。更に初回DVDは総括的な内容だし、タイトルの「K」は何よりKinKiの「K」であるなど、アニバーサリーアルバムと銘打たれていた『Φ』以上にアニバーサリーっぽい名盤。ここからのKinKiは次のステージに立ったような貫録を持ち始め、00年代後半のスタイリッシュ路線をイマイチに感じていた人でも今作以降のアルバムはスンナリ聴けるのではないだろうか。

満足度★★★★★

 初回盤DVD付  通常盤




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)