SEKAI NO OWARI

2015年03月01日

SEKAI NO OWARI アルバムレビュー 2015

SEKAI NO OWARI アルバムレビュー。


『Tree』
(2015年1月14日 最高1位 初動24.8万枚 売上42.3万枚 登場8週)

【the bell/炎と森のカーニバル/スノーマジックファンタジー/ムーンライトステーション/アースチャイルド/マーメイドラプソディー/ピエロ/銀河街の悪夢/Death Disco/broken bone/PLAY/RPG/Dragon Night】

3rdアルバム『Tree』。シングル「RPG」(2位 15.5万枚)「スノーマジックファンタジー」(1位 14.0万枚)「炎と森のカーニバル」(2位 11.5万枚)「Dragon Night」(4位 13.3万枚)、配信限定「Death Disco」収録。またカバーやバージョン違いを除くカップリングも大量に収録しているため13曲(「the bell」はインストなので実質12曲)中9曲が既存曲となった。「マーメイドラプソディー」は映画『海月姫』主題歌、「PLAY」は2014年4月からフジテレビ系『めざましテレビ』木曜テーマソングとしてタイアップされていた。初回限定盤には2014年春の全国ツアー『ARENA TOUR 2014 「炎と森のカーニバル -スターランド編-」 Supported by OXY』のさいたまスーパーアリーナ公演の模様が収録されたDVD付属。

個人的にこのバンドは「RPG」以降、つまりブレイク後しか知らない。ブレイク前の彼らを知っている周りの友人らからは「以前と変わってしまった」「以前の方が好きだった」「あいつがピエロになる前を俺は知っている」等、不満の声が上がっているが、「RPG」以降のファンシーな世界観、そして楽曲の抜群のポップ性は好感触だったので僕としてはかなり満足度の高いアルバムとなった。シングルの時点でかなり好きだった「RPG」「炎と森のカーニバル」は勿論のこと、発売当時にはイマイチに感じられた「スノーマジックファンタジー」や「銀河街の悪夢」もこの流れで聴くとかなりの名曲に聞こえる。これは不思議な現象だ。既存曲が多めという点が最初はマイナスに感じたけど、こうしてアルバムの曲として改めて聴く事で新たな魅力を発見できるというメリットもあるし、決してマイナスばかりでは無いんだなと思えた。新曲も大多数のリスナーが期待するセカオワ的な楽曲でかなり良い。総じて“現在最も勢いのあるバンドの新作”としての風格をしっかり纏った快作であると思う。もしもまだ感性の出来上がっていない中学生時代とかに聴いていたら自分の中でJ-POPの金字塔的アルバムになっていたかもしれない…。

満足度★★★★★

 初回盤DVD付  通常盤




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(1)