竹内まりや

2015年01月25日

竹内まりや アルバムレビュー 1994

竹内まりや アルバムレビュー。


『Impressions』
(1994年7月25日 最高1位 初動75.4万枚 売上302.2万枚 登場66週)

【けんかをやめて/明日の私/マージービートで唄わせて/Forever Friends/恋の嵐/シングル・アゲイン/もう一度/マンハッタン・キス/元気を出して/本気でオンリーユー(Let's Get Married)/告白/純愛ラプソディ/リンダ/家に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)/駅】

★セルフカバー原曲…「けんかをやめて」河合奈保子、「元気を出して」薬師丸ひろ子・島谷ひとみ、「リンダ」アン・ルイス、「駅」中森明菜(山下達郎による「駅」のライナーノーツでは、提供した有名アイドル・シンガーがこの曲に対して示した解釈のひどさにかなり憤慨して、自分でアレンジしてみたくなり竹内を説得してレコーディングにこぎつけた等の詳細がかなり赤裸々に綴られている)

ベストアルバム『Impressions』。1982年の『VIVA MARIYA!!』に続く2作目のベスト盤。MOON RECORDSに移籍した84年以降の楽曲から、アルバムとしては6th『VARIETY』、7th『REQUEST』、8th『QUIET LIFE』からセレクトして収録されている。ブックレットには山下達郎によるライナーノーツ記載。累計300万枚を超えるメガヒットを記録し、自身最大ヒットのアルバムとなった。99年6月2日に再発され、そちらは最高58位、3万枚を売り上げている。08年にはデビュー30周年を記念したオールタイム3枚組ベスト『Expressions』がリリースされており、「明日の私」以外は収録曲が今作と重複している。

公式通り、「竹内まりや入門の第一アイテム」と呼ぶにふさわしい内容。僕のように直接的な世代じゃない人間でもどこかで耳にした事があるナンバーばかりだし、何よりどの曲もメロディー、アレンジが素晴らしく抜群に聴きごたえがある。「シングル・アゲイン」や「告白」のようなシリアスなナンバーから「家に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)」みたいな突き抜けたポップスまで曲調は多彩だがどれも「竹内まりや」という絶対的な世界観に包まれていて最強。普遍的な名曲のオンパレード。2008年には今作のさらに拡大盤ともいえる3枚組の『Expressions』が出ているので今から手にするならそちらの方がベターかもしれないが、1枚で代表曲をサラっと押さえたい方には今作の方をお薦めしたい。

満足度★★★★★

99年盤




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)