I WiSH

2017年03月22日

『BEST WiSHES』I WiSH

BEST WiSHES
I WiSH


01.明日への扉
02.もう一度…
03.帰らぬ日々よ
04.ふたつ星
05.サマーブリーズにのって
06.Flower
07.約束の日
08.あなたが旅立ったあの春のにおい
09.キミと僕
10.Tomorrow
11.Precious days
12.最後のホーム
13.明日への扉 Orchestra version


2006年2月8日、初登場10位
初動1.9万枚、売上3.4万枚、登場6週
SME Records


I WiSHのベストアルバム『BEST WiSHES』。実質シングルコレクション的な内容であり、それまでの全シングルの表題曲とカップリング曲を順番に収録している。ボーナストラックとして「明日への扉」のオーケストラバージョンも収録。初回限定盤にはPV等を収録したDVDが付属している。解散から1年近く経ってからの発売だったがベストは需要があったのかTOP10入りを果たした。

やはり1曲目「明日への扉」から6曲目「Flower」までは神秘的なオーラに包まれているような独特の良さを感じる。個人的にこの時期のカップリングは1st・2ndアルバムのオリジナル曲よりも良いと思うのでシングルコレクション的な今作の構成はまさにベスト。7曲目以降からはガクッとキレが無くなってしまうような感じもするのだけど、決して悪い曲というわけでは無く「明日への扉」や「ふたつ星」と比べるとあくまで普通レベルという印象。まあこれからI WiSHを聴いてみようという人は今作を手に取ればまず間違いないだろう。これで『WISH』収録の「I wish」も入っていればさらに決定盤だったんだけどもしょうがないか。

満足度★★★★☆

 初回盤DVD付  通常盤




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月21日

『WISH』I WiSH

WISH
I WiSH


01.キミと僕
02.いい日旅立ち※山口百恵のカバー
03.Best Friend
04.夏の幻
05.幸せのうた
06.約束の日
07.15の夏
08.SHA-LA-LA
09.I wish
10.Precious days


2005年3月24日、初登場17位
初動1.4万枚、売上3.3万枚、登場9週
SME Records


I WiSHの2ndアルバムにしてラストアルバム『WISH』。シングル「約束の日」(12位 4.0万枚)「キミと僕」(14位 2.1万枚)「Precious days」(17位 1.5万枚)収録。「いい日旅立ち」は山口百恵のカバー。aiが川嶋あいとしての活動に専念するため、今作をもってI WiSHは解散した。ブックレットでは前作と異なりaiもnaoもしっかり顔が写っている。

カバー曲「いい日旅立ち」が何故か2曲目という微妙な位置に置かれているのがまず謎。さらにその後「Best Friend」や「夏の幻」といったどこかで聞いたことあるような曲名が続くのでパッと見カバーアルバムなのか?と疑いたくなってしまうではないか(「いい日旅立ち」以外はちゃんとしたオリジナル曲なのでご安心を)。しかしこのアルバム、前作同様後追いで聴いたんだけど前作以上に微妙な印象…。当時、シングルの段階で「キレが無くなったなぁ」と思っていたのだが10年以上経った現在聴いてもやはり印象は変わらなかった。当たり障りの無いすっごく普通の曲たちが延々並んでいるという印象で何回か聴いても記憶に残らない。前作と異なりaiの作曲した曲が一つも無いし…やはり既に彼女のやる気はソロの方に向かっていたのだろうか。ただ9曲目「I wish」だけは頭二つくらい抜けた名曲だと感じた。出来ればこの曲もベスト盤に入れて欲しかったのだが…。

満足度★★☆☆☆






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月20日

『伝えたい言葉~涙のおちる場所~』I WiSH

伝えたい言葉~涙のおちる場所~
I WiSH


01.明日への扉
02.サマーブリーズにのって(Sweet Palau Mix)
03.さよならの雨
04.風になれっ!
05.ふたつ星
06.UTS-この世界の下で
07.December
08.FlowerⅡ
09.クラスメイト以上…
10.☆キラキラ☆
11.光が指す未来へ
12.I


2003年10月1日、初登場2位
初動13.8万枚、売上37.9万枚、登場26週
SME Records


I WiSHの1stアルバム『伝えたい言葉~涙の落ちる場所~』。シングル「明日への扉」(1位 77.4万枚)「ふたつ星」(6位 10.0万枚)に加えC/Wから「サマーブリーズにのって(Sweet Palau Mix)」を収録。「明日への扉」がフジテレビ系列『あいのり』主題歌としてデビュー曲ながら70万枚超えの大ヒットを飛ばし一躍時の人に。続く「ふたつ星」は10万枚と売上を落としたが、今作は初のアルバムという事で期待が高まっていたのか40万近いヒットとなった。アルバムでは自身最高売上。ケツメイシの『ケツノポリス3』(初動29.1万枚)に阻まれ最高順位は2位。ブックレットではaiの顔はややぼやけながらもしっかり写っているが、naoの顔は光に遮られて判別不能

2003年当時、「明日への扉」と「ふたつ星」のシングルはリアルタイムで買っており、カップリング含めてかなりの名曲を歌うユニットだなと思っていたのだがこのアルバムは何故かスルーしていた(「ふたつ星」から今作までの僅か一ヶ月ちょっとの間で急速にI WiSH熱が冷めてしまったのだろうか?当時の僕よ!)。なのでかなり後追いで今作はチェックしたんだけど、うーん…。全体的に悪くは無いんだけど、シングル2曲を超える曲は無いように思う。シングル2曲が大名曲過ぎて他が霞んでしまうってのもあるんだろうけど。ただシングルのカップリングに収録されていた曲たち(今作には「サマーブリーズにのって」以外未収録)は未だに良いと思えるので、やっぱリアルタイム補正があるか無いかも大きいのだろうか…。中学生時代にリアルタイムで今作を聴いていればもっと名曲揃いに思えたのかもしれないが、現在の感覚ではそこまで良くも悪くも無い普通の曲たちという印象だった。青春のキラキラ感みたいなのは伝わって来るけどもね。「ふたつ星」カップリングで当時好感触だった「サマーブリーズにのって」も何故か妙にまったりしたアレンジにされちゃっていて残念。これならシングル収録のバージョンのが良い。

満足度★★★☆☆






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月09日

I WiSH シングル&名曲レビュー 2003-2008

2000年代初頭~中頃、フジテレビ系列の『あいのり』という番組の主題歌になった曲は必ずヒットするというジンクスがあった。ゆず、Every Little Thing、GLAY、スピッツらが主題歌を担当・大ヒットを飛ばしたその枠に2002年秋、彗星の如く現れたのがai(本名:川島愛。ボーカル、ピアノ担当)、nao(本名:菅原直洋。キーボード担当)の二人からなる音楽ユニット・I WiSH。当時はハッキリとした顔写真も無く、テレビ出演も無い謎のユニットだったが、aiの澄んだ透明感のある歌声は天使の声等とも評され一躍話題となり、楽曲は大ヒット。aiの正体がシンガーソングライター・川嶋あいであるという事は当初は隠されており、2003年8月に公表されたがそもそも川嶋あいという歌手自体知らなかったし別に驚きは無かった。2005年3月、川嶋がソロ活動に専念するため解散。このユニットの結成自体、実際には川嶋あいを世に出すためにレコード会社が仕掛けた戦略だったらしく、今となっては期間限定ユニットみたいな印象が強い。そんな彼らの楽曲たちをレビュー。


1stシングル『明日への扉』
(2003年2月14日 初登場4位 最高1位 初動8.4万枚 売上77.4万枚 登場63週)
デビューシングルにしてフジテレビ系列『あいのり』主題歌に抜擢され、ダントツの最大ヒットを記録。僕も当時(中1)たまたま『あいのり』を観た際に初めて聴き、「なんて良い曲なんだ!」と衝撃を受けすぐさまシングルを購入した。当時のクラスメイト達の間でもこの曲の名曲ぶりはかなり話題になり、カラオケでも毎回必ず誰か歌っていた。透明感のあるメロディーは素晴らしく、何度聴いても飽きが来ない名曲である。発売時、「天使の声だよ・あの声は宝物だよ」というキャッチコピーがついていたがまさにその言葉の通りの歌声であると思う。元々は川嶋あい名義の「旅立ちの日に…」という曲がオリジナルであり、歌詞は異なるがメロディーはほぼ同じ。ちなみに発売日をバレンタインに合わせていたためO社の集計上不利な金曜発売であり、2週目にチャート1位を記録した。当時『CDTV』を観ながら「うわっ、上がってきた!」と驚いたものである。初週に売れなかったのは集計上の理由もあるだろうが、当時テレビでのプロモーションも無かったし単に世間が発売を知らなかったのでは…とも思う。
満足度★★★★★

C/W「もう一度…」
切なさ溢れるミディアムバラード。次の「帰らぬ日々よ」とごっちゃになりがちだが良い曲だ。
満足度★★★★☆

C/W「帰らぬ日々よ」
前向きなミディアムナンバー。こちらもやはり良い。カップリングの2曲とも、1stアルバム『伝えたい言葉~涙のおちる場所~』のオリジナル曲よりも出来が良い気がする。
満足度★★★★☆



―――――――――――――――――――――――――

2ndシングル『ふたつ星』
(2003年8月27日 最高6位 初動3.9万枚 売上10.0万枚 登場12週)
日本テレビ系ドラマ『14ヶ月~妻が子供に還っていく~』挿入歌。CMでサビを聴き今回もめっちゃ良いじゃん!と思い迷わずシングルを購入。王道バラードであり、サビでのメロディー・転調の心地良さはJ-POP最強レベル。「明日への扉」と同列かそれ以上の大名曲であると思うのだが、現在では「明日への扉」の影に隠れてしまい全く語り継がれていないのが残念…。
満足度★★★★★

C/W「サマーブリーズにのって」
ロッテ『モナ王』CMソング。恋人との夏を爽やかに歌いあげる胸キュンサマー・ポップ。初のアップテンポだったが違和感無く聴けた。夏の海や青空が目の前に広がる名曲。初期ELTみたいな爽やかさがありポカリのCMソングとかにも似合いそう。恋愛絶頂期の無敵感が曲に表れており、ラストサビでは〈神様にもわからない 宇宙一の恋〉とまで言い切っていて勢いバツグン。こんな恋愛をしてみたかった。1stアルバムでは「Sweet Palau Mix」としてちょっとまろやかなアレンジになっている。個人的にはシングルバージョンの方が爽快感があって好みだ。
満足度★★★★★

C/W「Flower」
キャッチーなサビが心地よく響くミディアム・バラードでこれまた名曲。前作のカップリング同様、1stアルバムのオリジナル曲よりも数段良いと思う。これ収録すればよかったのに。
満足度★★★★☆



―――――――――――――――――――――――――

3rdシングル『約束の日』
(2004年5月19日 最高12位 初動2.1万枚 売上4.0万枚 登場9週)
リクルート社結婚情報誌『ゼクシィ』コラボレーション曲でありズバリ結婚ソング。これまでのシングルと合わせて実は恋愛三部作だったそうで、歌詞に〈明日への扉〉〈二つの星〉というフレーズも盛り込まれている。当時CM等でサビを耳にはしていたが今回は何かキレが無いな…と思い購入せずスルー。数年後にアルバムで聴いたけどやっぱり印象は上がらなかった。メロディーがのっぺりしてるというか、間延びするというか…。結婚相手の台詞とはいえaiの澄んだ声で〈が、幸せにするから。〉とか言われるのは超絶違和感である。
満足度★★★☆☆

C/W「あなたが旅立ったあの春のにおい」
まったりバラード。「約束の日」は買わなかったので当然この曲もリアルタイムでは聴いてない。だからなのか、前作までのカップリングと比べてこちらもパッとしないように思ってしまう。思い出補正の有る・無しが原因なのだろうか?
満足度★★★☆☆



―――――――――――――――――――――――――

4thシングル『キミと僕』
(2004年8月18日 最高14位 初動1.3万枚 売上2.1万枚 登場6週)
テレビ東京系アニメ『SDガンダムフォース』エンディングテーマ曲。シングルA面では初となる明るめなポップナンバー。前作以降リリースチェックもしなくなり、知らぬ間に出ていたシングルだったので当然スルー。なので後追いで聴いた一曲。突き抜けたサビでは無いけどもテンポよく歌詞を刻んでいく感じが心地良くてそこそこ好き。
満足度★★★☆☆

C/W「Tomorrow」
数少ない弾けサイドの一曲。爽快ではあるが詞もメロディーも凄く平均的というか普通な印象しか残らない。
満足度★★★☆☆

キミと僕 (CCCD)

―――――――――――――――――――――――――

5thシングル『Precious days』
(2005年2月9日 最高17位 初動0.9万枚 売上1.5万枚 登場6週)
解散直前に発売された卒業ソング。〈帰り道 ファーストフードに寄って よく見つかって先生に怒られたね〉という校則厳し目なフレーズから察するに、高校というよりは中学校の卒業がイメージされているのかな。たぶん僕自身が学生だったリリース当時に聴いていたら何とも思わなかったんだろうけど、学校という組織から卒業した現在聴くとやはりフレーズの一つ一つが懐かしく響いてくる。解散前のシングルとしては地味かもしれないが中々良い曲だ。
満足度★★★★☆

C/W「最後のホーム」
バラード曲。悪くないがただでさえ切ないのに解散という当時のグループの状況を踏まえると余計に悲しく聴こえてくる。
満足度★★★☆☆



―――――――――――――――――――――――――

6thシングル『LOVE SONGS 4 YOU』
(2008年2月14日 最高40位 売上0.4万枚 登場3週)
デビュー5周年、解散から3年を記念して突如リリースされたスペシャルシングル。5年ぶりにボーカルを録り直した「明日への扉」、「ふたつ星」「約束の日」のリミックス、未発表曲1曲。計4曲入り。

「明日への扉~5 years brew version~」
ボーカルを再録したバージョン。正直いうとその肝心のボーカルに全く覇気が無い。さらっとなぞるように歌っている感じというか。何だか原曲にあった神々しさが失われて何でもない普通の声になってしまったような…。川嶋あいにとってI WiSHとは黒歴史みたいなものにまでなっているのだろうか(まぁ本当に嫌だったら再録に応じてもいないだろうが)。楽曲自体は名曲なだけにどうにも微妙な音源だ。
満足度★★☆☆☆(これを聴くなら原曲を聴いた方が良い)

「ふたつ星~Dramatic Mix~」
こちらはリミックスで歌い直しはされていない。原曲と大きな違いは無いので、原曲を持っている人ならわざわざこれを聴く事も無いし、逆に原曲を知らない人ならそのまま原曲を聴いた方が良い。しいていうなら「Dramatic Mix」という名をつける程ドラマチックさは感じなかった(むしろ薄れているようにも思えたのだが…)
満足度★★★☆☆(楽曲自体は名曲だが…)

「約束の日~Happy Wedding Mix~」
こちらもリミックス。そもそも原曲をそこまで聴き込んでいないので違いが分からないが「ふたつ星」同様にほとんど変化ナシ。
満足度★★★☆☆

「永遠というこの瞬間に」
未発表曲。作詞:ai、作曲:nao。ストックだという説や、このシングルの為に書き下ろされたという説も飛び交っているが真相は不明。何となく現役時の声のような気はするが…。曲としてはごく普通のI WiSHバラード。決して悪くは無いがそこまでハマりもしないという実にnaoらしい一曲である。まぁこのシングル盤でしか聴けないので貴重な音源ではある。
満足度★★★☆☆






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)