2017年04月13日

『スーベニア』スピッツ

スーベニア
スピッツ





01.春の歌
02.ありふれた人生
03.甘ったれクリーチャー
04.優しくなりたいな
05.ナンプラー日和
06.正夢
07.ほのほ
08.ワタリ
09.恋のはじまり
10.自転車
11.テイタム・オニール
12.会いに行くよ
13.みそか




2005年1月12日、初登場1位
初動17.6万枚、売上36.0万枚、登場36週
Produce:スピッツ&亀田誠治
ユニバーサル

2008年12月17日(SHM-CD)


スピッツの11thアルバム『スーベニア』。シングル「正夢」(4位 14.0万枚)収録。4月に「春の歌」がリカット(「テクテク」と両A面 5位 6.7万枚)された。タイトルの「スーベニア」とは贈り物、お土産という意味。初回盤はブックレット素材違い。08年12月17日にはSHM-CDとして再発されている。

前作『三日月ロック』に続いて亀田誠治との共同プロデュースという事で、適度にロックで適度にポップな安定作。後にシングルカットされる突き抜けたポップ「春の歌」や、ストリングスを交えた優雅なサウンドが展開する「ありふれた人生」、スピッツロックの最高峰ともいえる激しい「甘ったれクリーチャー」等、序盤から耳に残る名曲が目白押しで勢い抜群。この勢いは留まらずにラストの「みそか」まで続く。全体的に実に多彩な曲調で溢れており飽きることが無い。リアルタイムでの印象が強い事もあるが、個人的にはかなりの名盤。期待通りのスピッツワールドが味わえる素晴らしい内容である。ただ音圧が結構強くかなり迫力あるサウンドになっており、これがやや過剰だと指摘するファンもいるようだ。

満足度★★★★★

 08年SHM-CD盤



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00│Comments(0)TrackBack(0)スピッツ 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字