2016年09月19日

『Q』Mr.Children

Q
Mr.Children


01.CENTER OF UNIVERSE
02.その向こうへ行こう
03.NOT FOUND
04.スロースターター
05.Surrender
06.つよがり
07.十二月のセントラルパークブルース
08.友とコーヒーと嘘と胃袋
09.ロードムービー
10.Everything is made from a dream
11.口笛
12.Hallelujah
13.安らげる場所


2000年9月17日、最高2位
初動63.2万枚、売上89.7万枚、登場14週
トイズファクトリー
Produce:小林武史


Mr.Childrenの9thアルバム『Q』。シングル「口笛」(1位 72.4万枚)「NOT FOUND」(1位 60.7万枚)に加え17thシングル「I'LL BE」のカップリング「Surrender」を収録。この「Surrender」は曲始めにシングル時には無かったドラム・鈴木英哉のカウントが入っている。当時人気絶頂期だった浜崎あゆみの『Duty』(初動168.3万枚)に阻まれて初登場2位となり、『Atomic Heart』から続いていた連続1位記録が5作でストップし、さらに累計売上も89.7万枚で『Versus』以来6作ぶりにミリオンに届かない等、やや人気の失速を思わせるチャートアクションとなってしまった。

重たかった『DISCOVERY』から一転して、何かから解き放たれてフッと軽くなったかのように自由気ままな雰囲気が広がる。これまでのようなメロディアスさはあまり意識されていないが、かといってバンド感が出ているというわけでもない。何とも表現しがたい奇妙なアルバム。何でもテンポやコード進行をダーツで決めたりと、曲作りにおいてもかなり自由な試みがなされたらしい。「深海からの脱出」からくる自由さなのかと言うとそういうわけでもなく、これはこれでまた妙な方向へ突っ走ってしまった感がある。ただ一度聴いた時には「なんじゃこりゃ」と思うけど、何度も聴き込んでいくと徐々にこの奇妙さが癖になりハマっていく。個人的に、「聴けば聴くほど好きになる」という意味の「スルメ曲」とか「スルメアルバム」といった表現の仕方を知ったキッカケになったのはこの作品(ネットでこのアルバムの感想を見て回ってたら巡り合った)。ファンになればなるほど好きになっていくアルバムだろう。最初に聴くオリジナルアルバムとしてはオススメしない。

満足度★★★★★






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 18:00│Comments(0)TrackBack(0)Mr.Children 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字