2016年11月

2016年11月30日

【風の日記】2016年11月編

2016年11月の日記。


11月30日(水)2016年12月5日付チャート簡易感想

★2016年12月5日付チャート簡易感想。

▼シングル
1位「セクシーキャットの演説/ムキダシで向き合って/そうじゃない」モーニング娘。'16(初動9.8万枚)
2位「君への手紙」桑田佳祐(初動7.0万枚)
3位「ジングルベルがとまらない」Aqours(初動4.4万枚)
4位「サヨナラの意味」乃木坂46(2.7万枚、累計89.4万枚)
5位「あんさんぶるスターズ!ユニットソングCD 第2弾 vol.05 流星隊(五色のShooting☆Star!!!!!)」流星隊(守沢千秋(帆世雄一),深海奏汰(西山宏太朗),南雲鉄虎(中島ヨシキ),高峯翠(渡辺拓海),仙石忍(新田杏樹))(初動2.1万枚)
6位「『刀剣乱舞-花丸-』歌詠集 其の四(お気楽珍道中/恋と浄土の八重桜)」陸奥守吉行(濱健人),博多藤四郎(大須賀純),山伏国広(櫻井トオル),御手杵(浜田賢二)(初動2.1万枚)
7位「99」Superfly(初動1.8万枚)
8位「だけどユメ見る」ロッカジャポニカ(初動1.6万枚)
9位「あんさんぶるスターズ! ユニットソングCD 第2弾 vol.06 Ra*bits(Hoppin'Season♪)」Ra*bits(仁兎なずな(米内佑希),紫之創(高坂知也),真白友也(比留間俊哉),天満光(池田純矢))(初動1.6万枚)
10位「(RE)PLAY」三浦大知(初動1.4万枚)

・モーニング娘。'16が通算18作目の首位。シングルTOP10入り作品数を62作に伸ばした(これは歴代1位)。
・先週1位のAKB48「ハイテンション」は11位、1.3万枚。


▼アルバム
1位『人間開花』RADWIMPS(初動20.4万枚)
2位『中島みゆき・21世紀ベストセレクション『前途』』中島みゆき(1.7万枚、累計6.2万枚)
3位『24K・マジック』ブルーノ・マーズ(1.6万枚、累計3.6万枚)
4位『Greatest Hits 1991-2016~ALL Singles+~』大黒摩季(初動1.3万枚)
5位『THE BADDEST~Collaboration~』久保田利伸(初動1.2万枚)
6位『CRADLE OF ETERNITY』鈴華ゆう子(初動1.1万枚)
7位『Fantome』宇多田ヒカル(1.0万枚、累計55.1万枚)
8位『DAWN』AK-69(初動1.0万枚)
9位『スナックJUJU~夜のRequest~』JUJU(0.8万枚、累計9.2万枚)
10位『ハードワイアード…トゥ・セルフディストラクト』メタリカ(0.8万枚、累計3.2万枚)

・RADWIMPSが8月の『君の名は。』サウンドトラックに続き2作連続の首位を獲得。映画が邦画歴代3位となる空前の大ヒットを飛ばしておりサントラもまだまだ売上を伸ばしている中、今作には「前前前世」や「スパークル」のオリジナルバージョンも収録されているという事で初動20万超えを果たした。良いタイミングでリリースできたと思う。

―――――――――――――――――――――――――

11月24日(木)2016年11月28日付チャート簡易感想

★2016年11月28日付チャート簡易感想。

▼シングル
1位「ハイテンション」AKB48(初動118.0万枚)
2位「PIERROT」GENERATIONS from EXILE TRIBE(初動6.2万枚)
3位「ハッピーエンド」back number(初動4.0万枚)
4位「サヨナラの意味」乃木坂46(3.9万枚、累計86.6万枚)
5位「PaNiC!」U-KISS(初動2.8万枚)
6位「THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Take me☆Take you」THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS!!(高垣楓,三船美優,森久保乃々,島村卯月,安部菜々,前川みく,依田芳乃,本田未央,佐藤心)(初動2.5万枚)
7位「Pendulum Beat!」SUPER★DRAGON(初動1.4万枚)
8位「茜さす/everlasting snow」Aimer(初動1.4万枚)
9位「Dance Dance!!/Traffic Jam」トラフィックライト。(初動1.3万枚)
10位「5150」THE ORAL CIGARETTES(初動1.3万枚)

・AKBが09年の「RIVER」から33作連続首位。通算28作目のミリオンを記録。参考記録をまた伸ばした。
・SMAP「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」が今週13位、1.0万枚で累計294.2万枚に達し歴代シングル売上3位に浮上。残る壁は「およげ!たいやきくん」(457.7万枚)と「女のみち」(325.6万枚)だが流石にここは動かないか。購買運動の中心であるファンは300万枚を突破すれば一段落という感覚でやっているんだろうし。

▼アルバム
1位『Sexy Zone 5th Anniversary Best』Sexy Zone(初動15.1万枚)
2位『中島みゆき・21世紀ベストセレクション『前途』』中島みゆき(初動4.5万枚)
3位『Hey Yah』GOT7(初動3.8万枚)
4位『来し方行く末』高橋優(初動2.4万枚)
5位『ハードワイアード…トゥ・セルフディストラクト』メタリカ(初動2.3万枚)
6位『24K・マジック』ブルーノ・マーズ(初動2.1万枚)
7位『TERMINAL』DOBERMAN INFINITY(初動1.7万枚)
8位『Are You Happy?』嵐(1.2万枚、累計72.8万枚)
9位『スナックJUJU~夜のRequest~』JUJU(1.2万枚、累計8.3万枚)
10位『EXIST!』[Alexandros](1.1万枚、累計7.0万枚)

・Sexy Zoneの5周年ベストが5作連続通算5作目の首位。アルバムでは自身最高初動となった。

―――――――――――――――――――――――――

11月16日(水)2016年11月21日付チャート簡易感想

★2016年11月21日付チャート簡易感想。

▼シングル
1位「サヨナラの意味」乃木坂46(初動82.8万枚)
2位「Welcome to TOKYO」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE(初動15.9万枚)
3位「想いよひとつになれ/MIRAI TICKET」Aqours(初動3.7万枚)
4位「THE IDOLM@STER THE@TER ACTIVITIES 03(赤い世界が消える頃)」北上麗花(平山笑美),佐竹美奈子(大関英里),篠宮可憐(近藤唯),真壁瑞希(阿部里果),矢吹可奈(木戸衣吹)(初動3.7万枚)
5位「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」SMAP(2.6万枚、累計293.2万枚)
6位「LiAR/真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ」ポルノグラフィティ(初動2.1万枚)
7位「『刀剣乱舞-花丸-』歌詠集 其の三(時ぞとも無し兼備の華よ/出づる月、招宴の唄)」堀川国広(榎木淳弥),和泉守兼定(木村良平),歌仙兼定(石川界人),燭台切光忠(佐藤拓也),鶴丸国永(斉藤壮馬),三日月宗近(鳥海浩輔)(初動2.1万枚)
8位「Starry Wish」水瀬いのり(初動1.6万枚)
9位「Paradise」TRITOPS*(初動1.4万枚)
10位「RAGE OF DUST」SPYAIR(初動1.4万枚)

・来年2月20日の自身の誕生日をめどに芸能界引退を発表している橋本奈々未初センターシングルが首位。今年3月の「ハルジオンが咲く頃」の初動75.0万枚を上回り自身最高初動を記録した。
・SMAP「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」が累計293.2万枚に達し、99年の「だんご三兄弟」(累計291.8万枚)を上回り歴代シングルランキング4位に浮上。次に控えている「TSUNAMI」(累計293.6万枚)を抜いて歴代3位に躍り出るのはもはや確定。ファンの購買運動の目標は「累計300万枚突破」らしいので現状歴代2位の「女のみち」(累計325.6万枚)を超える事は無さそうだが。


▼アルバム
1位『EXIST!』[Alexandros](初動5.9万枚)
2位『"J.BOY" 30th Anniversary』浜田省吾(初動2.9万枚)
3位『Are You Happy?』嵐(2.3万枚、累計71.6万枚)
4位『スナックJUJU~夜のRequest~』JUJU(1.4万枚、累計7.1万枚)
5位『宇宙図書館』松任谷由実(1.3万枚、累計7.0万枚)
6位『Fantome』宇多田ヒカル(1.3万枚、累計53.1万枚)
7位『Little Glee Monster』Little Glee Monster(初動0.9万枚)
8位『「うたわれるもの 偽りの仮面&二人の白皇」歌集』Suara(初動0.8万枚)
9位『Play the Life』春畑道哉(初動0.7万枚)
10位『君の名は。』RADWIMPS(0.7万枚、累計32.2万枚)

・[Alexandros]が2010年のインディーズデビュー以来初の首位獲得。自己最高初動でもある。

―――――――――――――――――――――――――

11月15日(火)アクセス40万

★先月くらいに当ブログ『風の行方』のアクセス数が40万を突破した。ブログを始めたのは2013年の春くらいだったと思うので3年半くらいになるのか。メンタル面の浮き沈みで時々停止しながらも何だかんだ続いているのは読んでくれる皆様が居るからだ。ありがたい。この調子でアクセス数ミリオンとか目指したい所だけど何年後になる事やら…五輪開催には間に合うだろうか?それ以前に俺生きてんのか??まぁ何はともあれ40万ありがとうございます。

―――――――――――――――――――――――――

11月9日(水)2016年11月14日付チャート簡易感想

★2016年11月14日付チャート簡易感想。

▼シングル
1位「道は手ずから夢の花」KinKi Kids(初動17.6万枚)
2位「夢幻クライマックス/夢はまるで静電気/Singing~あの頃のように~」℃-ute(初動5.8万枚)
3位「恋ごころ」Da-iCE(初動2.9万枚)
4位「Jackpot」BOYFRIEND(初動2.9万枚)
5位「最Ψ最好調!」でんぱ組.inc(初動2.2万枚)
6位「FREE YOUR MIND」flumpool(初動1.5万枚)
7位「Fantastic Time」Hey!Say!JUMP(1.4万枚、累計28.0万枚)
8位「明日は君と。」麻倉もも(初動1.3万枚)
9位「Skylight」XOX(初動1.2万枚)
10位「Future Strike」小倉唯(初動1.1万枚)

・KinKiが首位。97年のデビュー曲「硝子の少年」から37作連続37作目の1位。シングルは2010年から1年につき1枚のペースだったが久々に年2枚のリリースとなった。ギネス記録がかかっている以上、慎重にならざるを得ないもんなぁ…。


▼アルバム
1位『宇宙図書館』松任谷由実(初動5.7万枚)
2位『Are You Happy?』嵐(5.6万枚、累計69.3万枚)
3位『スナックJUJU~夜のRequest~』JUJU(2.3万枚、累計5.7万枚)
4位『Fantome』宇多田ヒカル(2.1万枚、累計51.8万枚)
5位『BIMBOROLL』ザ・クロマニヨンズ(初動1.6万枚)
6位『ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール』ボン・ジョヴィ(初動1.3万枚)
7位『We love Tank-top』ヤバイTシャツ屋さん(初動1.2万枚)
8位『KETSUNOPOLIS 10』ケツメイシ(1.1万枚、累計6.7万枚)
9位『君の名は。』RADWIMPS(1.0万枚、累計31.5万枚)
10位『Get Ready』板野友美(初動1.0万枚)

・ユーミンの首位は2012年のベスト盤『日本の恋と、ユーミンと。』以来3年11か月ぶり、オリジナルでは97年の『Cowgirl Dreamin'』以来19年8か月ぶりとなった。62歳10か月でのアルバム首位は女性歌手歴代最年長。

―――――――――――――――――――――――――

11月2日(水)2016年11月7日付チャート簡易感想

★2016年11月7日付チャート簡易感想。

▼シングル
1位「Fantastic Time」Hey!Say!JUMP(初動26.6万枚)
2位「Promise(I'll be)-Japanese ver.-」2PM(初動9.9万枚)
3位「Dear Diary/Fighter」安室奈美恵(初動4.5万枚)
4位「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARTING MASTER 06 Love∞Destiny」佐久間まゆ(牧野由依),北条加蓮(渕上舞),小日向美穂(津田美波),多田李衣菜(青木瑠璃子),緒方智絵里(大空直美)(初動3.3万枚)
5位「Dream Road~心が躍り出してる~/KEEP ON 上昇志向!!/明日やろうはバカやろう」Juice=Juice(初動3.2万枚)
6位「あんさんぶるスターズ! ユニットソングCD 第2弾 vol.03 Knights(Silent Oath)」Knights(月永レオ(浅沼晋太郎),朔間凛月(山下大輝),鳴上嵐(北村諒),瀬名泉(伊藤マサミ),朱桜司(土田玲央))(初動3.0万枚)
7位「泣いたロザリオ」青柳翔(初動3.0万枚)
8位「『刀剣乱舞-花丸-』歌詠集 其の二(心魂の在処/花の薫りは叶枝垂れ)」へし切長谷部,宗三左文字,薬研藤四郎,前田藤四郎,五虎退,秋田藤四郎,乱藤四郎,平野藤四郎,厚藤四郎(初動2.5万枚)
9位「Dear Bride」西野カナ(初動2.1万枚)
10位「あんさんぶるスターズ! ユニットソングCD 第2弾 vol.04 紅月(想ひ出綴り)」紅月(蓮巳敬人(梅原裕一郎),鬼龍紅郎(神尾晋一郎),神崎颯馬(神永圭佑))(初動1.9万枚)

・ヘイセイがデビューから17作連続1位で歴代4位タイ。ちなみにデビューからの連続1位記録はKinKi(36作)、KAT-TUN(26作)、NEWS(20作)、Kis-My-Ft2(17作)というメンツ。
・先週1位のSexy Zoneは23位、0.8万枚。
・SMAP「世界に一つだけの花」が11/7付で289万9381枚に達し、92年の米米CLUB「君がいるだけで/愛してる」(289万5060枚)を抜き歴代シングル売上5位に浮上。ちなみに上に控えているのは1位「およげ!たいやきくん」子門真人(453.6万枚)、2位「女のみち」宮史郎とぴんからトリオ(325.6万枚)、3位「TSUNAMI」サザンオールスターズ(293.6万枚)、4位「だんご三兄弟」速水けんたろう、茂森あゆみ、ひまわりキッズ、だんご合唱団(291.8万枚)。だんごとTSUNAMIは時間の問題か。


▼アルバム
1位『Are You Happy?』嵐(初動63.7万枚)
2位『KETSUNOPOLIS 10』ケツメイシ(初動5.6万枚)
3位『Rainbow』山本彩(初動5.0万枚)
4位『Dramatic Seven』超特急(初動4.2万枚)
5位『スナックJUJU~夜のRequest~』JUJU(初動3.4万枚)
6位『Fantome』宇多田ヒカル(3.1万枚、累計49.7万枚)
7位『My Zone』Block B(初動1.7万枚)
8位『君の名は。』RADWIMPS(1.1万枚、累計30.5万枚)
9位『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 COMPLETE BEST』Various Artists(初動1.1万枚)
10位『トゥワイスコーター:レーン 1』トゥワイス(初動0.7万枚)

・嵐が首位。今回は2形態であり、3形態だった前作(初動82.0万枚)よりは落ちたものの今年度アルバム最高初動となった。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)風の日記 

シングルレビュー ~2016年11月編~

2016年11月発売シングルの感想。


『道は手ずから夢の花』KinKi Kids
(11月2日 最高1位 初動17.6万枚 売上18.9万枚)

「道は手ずから夢の花」
(作詞・作曲:安藤裕子、編曲:松本良喜)
シンガーソングライター安藤裕子提供のしっとりバラードナンバー。シンプルな中にどこか「和」のテイストを感じる。最初はシングルにしては地味過ぎだろ…と思ったがしっかりCDで聴いたらこの世界観にハマってしまった。KinKi Kidsだからこそ歌える曲だろう。
満足度★★★★☆

「Pure Soul」
(作詞:堂島孝平、作曲:原一博、編曲:堂島孝平、ストリングスアレンジ:sugarbeans)
通常盤収録曲。オシャレな感じの一曲。作詞はKinKi作家としてお馴染みの堂島孝平だが作曲は別というのが珍しい。
満足度★★★★☆

「パズル」
(作詞・作曲:Shinpei、編曲:安部潤・Shinpei)
通常盤収録曲。ザ・バラード。編曲の安部潤は元FIELD OF VIEWの人だ。未だにこうしたクレジットで名前を見かける。
満足度★★★☆☆

 初回盤A  初回盤B  通常盤

―――――――――――――――――――――――――

『ハイテンション』AKB48
(11月16日 最高1位 初動118.0万枚 売上120.6万枚)

「ハイテンション」
(作詞:秋元康、作曲:シライシ紗トリ、編曲:佐々木裕)
入山杏奈、小嶋陽菜、島崎遥香、横山由依、宮脇咲良、向井地美音、兒玉遥、加藤玲奈、木﨑ゆりあ、渡辺麻友、柏木由紀、岡田奈々、川本紗矢、小嶋真子、込山榛香、高橋朱里、小栗有以、松井珠理奈、山本彩、指原莉乃、松岡はな、中井りか
日本テレビ系ドラマ「キャバすか学園」主題歌。年内でAKBとしての活動を終了する島崎遥香がセンター。サビのテ~ンションションションションション♪が異常に耳に残るディスコ風ナンバー。だがそのサビ以外はどうにも印象が薄く、途中でラップ等も飛び出すが空回り気味な感じも否めない。どこか世紀末頃のハロプロ感も漂う。
満足度★★★☆☆

「抑えきれない衝動」ウェイティングサークル
(作詞:秋元康、作曲・編曲:aokado)
谷口めぐ、樋渡結依、武藤十夢、大島涼花、後藤萌咲、福岡聖菜、村山彩希、倉野尾成美、山田菜々美、坂口渚沙、久保怜音、高橋希良
センターは福岡聖菜。どこか神聖な空気の満ちたアイドルナンバー。A面との落差もあって中々良く思えた。
満足度★★★★☆

「ハッピーエンド」レナッチーズ
(作詞:秋元康、作曲:外山大輔、編曲:野中“まさ”雄一)
小嶋菜月、田野優花、向井地美音、茂木忍、大島涼花、加藤玲奈、木﨑ゆりあ、岡田彩花、小栗有以、長久玲奈、高木由麻奈、佐藤すみれ、市川美織、田中菜津美、松岡はな、中井りか、山口真帆
Type-A収録曲。センターは小栗有以。「唇にBe My Baby」C/Wでもあった、加藤玲奈が独断で選抜したメンバーで構成される企画。昨年は「れなっち総選挙選抜」という名前だったが今回はユニットらしい名前が付いている。何故加藤にこんな権限が与えられているのかは謎。楽曲は爽やかアイドルポップスでこれまた良い曲。
満足度★★★★☆

「Better」
(作詞:秋元康、作曲・編曲:外山大輔)
島崎遥香、中村麻里子、横山由依、島田晴香、竹内美宥、山内鈴蘭、大場美奈、永尾まりや
Type-B収録曲。センターは島崎遥香で、島崎と同期である9期生で現在48G在籍中のメンバー全員+5月に卒業したばかりの永尾を加えた8名で歌唱。楽曲の方は48G全体でも今年イチなんじゃないかと思う程の名曲。卒業ソング定番であるお疲れ様バラードでは無くテンポのあるメロディアスポップという点も魅力だし、メロディーが何より素晴らしい。9期生はAKBが大ブレイクした2010年頃には最有力新世代として扱われており、次はコイツらの時代が来る!!と散々煽られていたため個人的に最も印象深く思い入れが深い(1期生のレジェンドメンバーを除くと他は誰が何期だとか分からないが9期生だけはバッチリ判別できる)。だが総選挙上位のメンバーは11年になっても衰えるどころか更に確固たる地位を築いてしまい若手が入り込む余地が無く、先にチームKへ昇格していた横山以外は結局若手だけの初代チーム4を結成したものの13年夏にいきなり強制解体され運営のプッシュは更なる若手へ移行。結果、ベテランとも言えず次世代とも言えない中途半端な位置に追いやられてしまい大場、山内が他Gへ移籍するなどバラバラ状態になり今に至る…という48G全ての期の中でも最も波乱万丈な経緯があっただけにその9期が集結しているというだけで感涙モノなのである
満足度★★★★★

「星空を君に」Team 8 EAST
(作詞:秋元康、作曲・編曲:井上ヨシマサ)
横山結衣、谷川聖、佐藤七海、早坂つむぎ、佐藤朱、舞木香純、岡部麟、本田仁美、清水麻璃亜、髙橋彩音、吉川七瀬、小栗有以、小田えりな、佐藤栞、左伴彩佳、歌田初夏、横道侑里、服部有菜、野田陽菜乃、橋本陽菜、長久玲奈、坂口渚沙
Type-C収録曲。センターは小栗有以、坂口渚沙。チーム4を2分割しEASTという事なのでこちらは東側のメンバーが揃っているのだろう。楽曲の方は48系王道のアイドルポップでどこか懐かしい雰囲気。
満足度★★★☆☆

「思春期のアドレナリン」Team 8 WEST
(作詞:秋元康、作曲:chalaza、編曲:野中“まさ”雄一)
永野芹佳、太田奈緒、山本瑠香、大西桃香、濵咲友菜、阿部芽唯、人見古都音、谷優里、下尾みう、濵松里緒菜、行天優莉奈、高岡薫、廣瀬なつき、吉田華恋、福地礼奈、寺田美咲、倉野尾成美、吉野未優、谷口もか、下青木香鈴、宮里莉羅、山田菜々美、中野郁海
Type-D収録曲。センターは倉野尾成美。チーム8西側。歌謡チックな一曲。メロディーとしてはそんなに…だけどサウンドが派手で聴き応えは中々。
満足度★★★★☆

「清純タイアド」てんとうむChu!
(作詞:秋元康、作曲:アイルトン瀬名、編曲:APAZZI)
岡田奈々、小嶋真子、西野未姫、北川綾巴、渋谷凪咲、朝長美桜、田島芽瑠
Type-E収録曲。センターは小嶋真子。シングルC/Wとしては昨年5月の「僕たちは戦わない」以来、曲としてはベストの劇場盤以来になると思う。メリハリあるダンスナンバーで中々好み。今作発売直後の12月に西野が卒業を表明したわけだがこれでてんとうむChu!も活動終了になってしまうのだろうか…。あと対比ユニットのでんでんむChu!も大和田卒業で終了…?
満足度★★★★☆

 初回A  初回B  初回C  初回D  初回E  通常A  通常B  通常C  通常D  通常E  劇場盤

―――――――――――――――――――――――――

『ハッピーエンド』back number
(11月16日 最高3位 初動4.0万枚 売上5.4万枚)

「ハッピーエンド」
(作詞・作曲:清水依与吏、編曲:back number & 小林武史)
映画「僕は明日、昨日のきみとデートする」主題歌。いつも通りなストリングスバラードでもはやベテランかのような安心安定感。今回もメロディーのキレが絶品で確かな良曲だが、世間的には「ヒロイン」や「クリスマスソング」など同系統バラードとごっちゃになって埋もれてしまいそうなポジションになるかも…。
満足度★★★★☆

「君の恋人になったら」
(作詞・作曲:清水依与吏、編曲:back number)
スピーディーでロックだがメロディーはやはりポップ。C/Wには勿体ない出来。
満足度★★★★☆

「魔女と僕」
(作詞・作曲:清水依与吏、編曲:back number)
パブリックイメージ通りの一曲という感じ。
満足度★★★☆☆

 初回盤DVD付  通常盤

―――――――――――――――――――――――――

『君への手紙』桑田佳祐
(11月23日 最高2位 初動7.0万枚 売上9.4万枚)

「君への手紙」
(作詞・作曲・編曲:桑田佳祐)
映画「金メダル男」主題歌。大人の哀愁漂うスローナンバー。冬の空気を醸し出すが「白い恋人達」とはまた一味違うしっとりした年末感に溢れている。サザンのアルバム『葡萄』からも通じているような熟年者の視点も感じる。貫録の一曲という感じ。余談だがサビのメロディーがどこか「ラ~ストクリスマ~ス♪」を彷彿とさせる。
満足度★★★★☆

「悪戯されて」
(作詞・作曲:桑田佳祐、編曲:桑田佳祐・片山敦夫、弦編曲:片山敦夫)
コッテコテの昭和歌謡。昭和“風”とかでは無くてモロ昭和。桑田の声だからこそ味が出て聴ける曲。
満足度★★★★☆

「あなたの夢を見ています」
(作詞・作曲:桑田佳祐、編曲:桑田佳祐・片山敦夫)
打ち込みポップナンバー。シングル候補だったらしいがそれも納得のポップ感。
満足度★★★★☆

「メンチカツ・ブルース」
(作詞・作曲・編曲:桑田佳祐)
おふざけ調の弾き語り。俺のメンチ食べたのはどいつだ!?とボヤきつつさんま、たけし、タモリも登場するぶっとび曲。
満足度★★★☆☆

 初回盤  通常盤  アナログ盤

―――――――――――――――――――――――――

『二人セゾン』欅坂46
(11月30日 最高1位 初動44.2万枚 売上49.8万枚)

「二人セゾン」
(作詞:秋元康、作曲:SoichiroK・Nozomu.S、編曲:Soulife)
石森虹花、今泉佑唯、上村莉菜、尾関梨香、織田奈那、小池美波、小林由依、齋藤冬優花、佐藤詩織、志田愛佳、菅井友香、鈴本美愉、長沢菜々香、長濱ねる、土生瑞穗、原田葵、平手友梨奈、守屋茜、米谷奈々未、渡辺梨加、渡邉理佐
前列の顔ぶれはガラリと変わったがセンターは3作連続で平手友梨奈。馴染みの無い「セゾン」という言葉はフランス語で「季節」を表すらしい。秋の空気を醸し出すセツナポップナンバーでガツンとしたサビは抜群に残るしAメロBメロも良メロの連発で飽きさせない。前作、前々作と比べるとインパクトは薄いかもしれないがメロディーとしては最も良く感じる。やはり秋P及びスタッフの気合いの入れ方が違うなぁ…。
満足度★★★★★

「大人は信じてくれない」
(作詞:秋元康、作曲・編曲:川端正美)
石森虹花、今泉佑唯、上村莉菜、尾関梨香、織田奈那、小池美波、小林由依、齋藤冬優花、佐藤詩織、志田愛佳、菅井友香、鈴本美愉、長沢菜々香、長濱ねる、土生瑞穗、原田葵、平手友梨奈、守屋茜、米谷奈々未、渡辺梨加、渡邉理佐
センターは平手友梨奈。思春期の葛藤を歌うシリアス・ダークナンバー。〈いつもと変わらない 誰も探してくれない 時代の片隅で 僕は殺されてるんだ〉というフレーズが強烈。
満足度★★★★☆

「夕陽1/3」てちねるゆいちゃんず
(作詞:秋元康、作曲:Akira Sunset・山口隆志、編曲:Akira Sunset・山口隆志・遠藤ナオキ・鈴木歌穂)
今泉佑唯、小林由依、平手友梨奈、長濱ねる
通常盤収録曲。てち=平手、ねる=長濱、そして前2作でユニット曲があったゆいちゃんず(今泉・小林)の4名からなる新ユニット。楽曲はストレートな爽やかポップで良い曲だが、ゆいちゃんずファンとしては3rdでも二人での新曲を期待していたちょっと残念な部分はある。
満足度★★★★☆

Type-A  Type-B  Type-C  通常盤

―――――――――――――――――――――――――

『愛! wanna be with you…』TOKIO
(11月30日 最高4位 初動1.7万枚 売上2.0万枚)

「愛! wanna be with you…」
(作詞・作曲:長瀬智也、編曲:TOKIO)
テレビ朝日系ドラマ「家政夫のミタゾノ」主題歌。またも長瀬の詞曲でガツンとしたロックナンバーだがサビの流れるようなメロディーはかなりキャッチーで聴きやすい。昨年の「東京ドライブ」に続いてこれも好きな曲になりそう。
満足度★★★★☆

「ローライダー」
(作詞・作曲:長瀬智也、編曲:TOKIO、Horns Arrangement:KAM・竹上良成)
通常盤収録曲。スズキ「ソリオ バンディット」CMソング。「東京ドライブ」がタイアップだった枠の曲をカップリング送りにするとは何とも贅沢な…。CMソングだけあってメロウで良い曲。
満足度★★★★☆

通常盤では5トラック目に「TOKIO STATION~ラジオ編~」を収録。

 初回盤DVD付  通常盤




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

『4 COLORS』SPEED

4 COLORS
SPEED





01.WORLD DANCE
02.リトルダンサー
03.ヒマワリ-Growing Sunflower-
04.SURPRISE
05.PRIDE feat.大神:OHGA -Original ver.-
06.S.P.D
07.Stay Miracle
08.Unlucky X'mas
09.Let's Heat Up!
10.指輪
11.あしたの空
12.4 Colors
13.FAMILY


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)SPEED 

2016年11月29日

『SPEEDLAND-The Premium Best Re Tracks-』SPEED

SPEEDLAND-The Premium Best Re Tracks-
SPEED





01.Long Way Home
02.あしたの空
03.Body & Soul
04.STEADY
05.Wake Me Up!
06.ALIVE
07.White Love
08.Snow Kiss
09.Breakin' out to the morning
10.熱帯夜
11.ALL MY TRUE LOVE
12.Precious Time
13.Go! Go! Heaven
14.my graduation


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)SPEED 

2016年11月28日

『BEST HITS LIVE~Save The Children SPEED LIVE 2003~』SPEED

BEST HITS LIVE~Save The Children SPEED LIVE 2003~
SPEED





01.Be My Love
02.Go! Go! Heaven
03.STEADY
04.ALL MY TRUE LOVE
05.Snow Kiss(Unplugged)
06.my graduation(Unplugged)
07.ALIVE
08.Walking in the rain
09.Long Way Home
10.Stars to shine again
11.BODY & SOUL
12.White Love
13.Breakin' out to the morning
14.Wake Me Up!
15.熱帯夜


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)SPEED