2015年06月

2015年06月30日

【風の日記】2015年6月編

風の日記~2015年6月編~


6月30日(火)風の行方 上半期ランキング 2015

★6月も終わりという事で、恒例の2015年上半期自己ランキングを発表致します。昨年は音楽雑記のコーナーで書いたんだけど今年は日記として簡単に書きます。

楽曲編

1位「未完」Mr.Children
2位「僕がいる場所」乃木坂46
3位「バラ色の人生」サザンオールスターズ
4位「コケティッシュ渋滞中」SKE48
5位「幻聴」Mr.Children
6位「Blue Sky Blue」Flower
7位「12秒」HKT48
8位「蜘蛛の糸」Mr.Children
9位「fantasy」Mr.Children
10位「夕暮れは雨上がり」モーニング娘。'15
11位「DIRTY」SKE48 Team S
12位「やさしくなれたら」住岡梨奈
13位「立ち直り中」乃木坂46
14位「有頂天」B'z
15位「アロエ」サザンオールスターズ
16位「ここがロドスだ、ここで跳べ!」AKB48
17位「命は美しい」乃木坂46
18位「Black Coffee」B'z
19位「あらかじめ語られるロマンス」乃木坂46
20位「ヒロイン」back number

いつにも増してアーティストの偏りが凄い。中高生の頃の方がまんべんなく音楽聴いてた気がするなぁ…。とりあえずトップ3はもう最高。back numberの「ヒロイン」は聴いた時は赤★5コで「今年最強の名曲だ!」みたいな感想を書いたんだけどその後半年間でこんなに下がってしまいました。というか超える曲がこんなに出てきたって言った方が良いですかね、何となく。こういった事態は今後も起こりうるのでよろしく。

アルバム編

1位『REFLECTION{Naked}』Mr.Children
2位『葡萄』サザンオールスターズ
3位『透明な色』乃木坂46
4位『Tree』SEKAI NO OWARI
5位『花時計』Flower
6位『EPIC DAY』B'z
7位『ここがロドスだ、ここで跳べ!』AKB48
8位『HAPPY』大原櫻子
9位『Every Cheering Songs』Every Little Thing
10位『PLANET SEVEN』三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

今年の上半期はかなり豊作だったのではなかろうか?まあ自分がファンだったりよく聴いている歌手のリリースが多かったってのもあるんだけど。半年間でB'z、サザン、ミスチルが立て続けにアルバム出したなんてリアルタイムでJ-POP聴き始めて初かもしれないな…。

※これらはあくまで現時点での自己ランクなので、気分しだいで簡単に変動します。これらを超える楽曲・アルバムが下半期(もしくはまだ手に取っていない上半期)の作品からどれだけ生まれるのか?年末の総合ランキングではどこまで変動しているのか!?これからも当ブログ『風の行方』から目が離せないぜぇぇぇ!!!!無理矢理なテンションで強引に終わる

―――――――――――――――――――――――――

6月23日(火)気になる検索ワード

ブログをやっていると嫌でも気になるのが「検索ワード」だ。このブログにアクセスしてきてくれた人々が一体どのようなキーワードで流入してきたのか。今日は気になったここ最近の検索ワードを勝手に紹介してみようと思う。

「Mr.Children シングルレビュー」
…ここ一ヶ月はこの検索フレーズが最も多い。アルバム発売でミスチルへの関心が高まってきているのだろう。

「スピッツ ハチミツ 音小さい」
…そんなあなたには2002年のリマスター盤をすすめる。

「クラシック ユキちゃん 可愛い ジュディマリ」
…同意である。

「キンキキッズシングル膨らんだシャツのボタンをから始まる曲目は?」
…恐らくスピッツの「名前をつけてやる」の一節だと思われるが、KinKiにこれに近いフレーズってあったっけ?

「小嶋真子 スキマスイッチ」
…前半はAKBの若手メンバーだが、このふたつに共通点はあるのか?なぜセットで検索したのだろう。

「指原 働けロックバンド」
…後半はサザンの曲タイトルだがやはり指原との関連性が謎。

「シュラバラバンバ サビどこ?」
…普通に「修羅場穴場~♪」の所だと思うが…違うのか?

「1996年9月15日 サザンコンサートに行ってきました。」
…そんな報告されても…。

まぁこんな所である。記録の意味も込めて今後も紹介していこうかなと思う。

―――――――――――――――――――――――――

6月21日(日)五大漫画を読もう


★私マーは同世代の知人らと比べて格段に漫画を知らない。同級生が当たり前のように通って来た作品群を全く読んでいないのだ。故に、たまーに雑談で「ドラゴンボールでいうと…」とか「ワンピースで例えたら…」みたいな話題になった際に全く付いて行けず孤独を味わう事もしばしばだ。そんな僕の姿をみかねた友人の一人・Shall氏が、「個人の好みは置いておいて、とりあえずこの漫画だけは読んでおけ」という五大漫画を提示してきた。

Shall的五大漫画
「ドラゴンボール」
「幽遊白書」
「スラムダンク」
「るろうに剣心」
「ワンピース」

Shall氏いわく、この5作は好き嫌い関係なく通っておくべき漫画であるという。僕は5作共全く読んだ事が無く、現状では内容よりも主題歌の方に詳しいという始末。ちょっとずつ読み進めて行こう。

―――――――――――――――――――――――――

6月20日(土)夜風の仕業


★AKB48柏木由紀とNEWS手越祐也の熱愛報道。二人共、過去にスキャンダルは沢山あるのでそこまで驚きは無いんだけど、気になるのは柏木が兼任決定しているNGT48の今後についてである。NGTは現在北原、柏木、あと先日のドラフト会議で加入した研究生2人の計4人だったと思うのだがもしもここで柏木が「皆様をお騒がせした責任をとって活動を辞退します」とか言い出したら正直大幅な戦力ダウンだ。かと言ってお得意のスルー作戦に出たとしても、ここまで大きくなった疑惑を抱えたままのメンバーをNGTとして応援できるかどうか…。要するに柏木が謝罪してもスルーしても、どちらに転んでもNGTには打撃だろうという事である。これは…柏木も坊主か?

―――――――――――――――――――――――――

6月15日(月)ヒトカラ~初のミスチル縛り~等


★8年ぶり位にプールへ行ったら筋肉痛で身体がバキバキだ。しかし気持ち良い疲れなので今後も定期的に行きたい。

★今年に入ってそこそこの頻度で行っている一人カラオケ(通称:ヒトカラ)が先日開催された。今回は初の試み&アルバム発売記念としてオールMr.Children縛りというテーマで臨んでみた。以下にそのセットリストを公開する。ちなみにDAM派である。

I'm Sorry
I'LL BE[良音]

Another Story
Another Mind
ありふれたLove Story~男女問題はいつも面倒だ~
傘の下の君に告ぐ
靴ひも
さよならは夢の中へ
Heavenly kiss
もっと
やわらかい風
未完
かぞえうた
fantasy
幻聴
蜘蛛の糸
イミテーションの木
I'm talking about Lovin'
Melody
風と星とメビウスの輪(Single Version)
クラスメイト
Image
Love is Blindness
花の匂い
友とコーヒーと嘘と胃袋
NOT FOUND
ALIVE

今回の失敗は空腹状態で行ってしまった事。お腹に力が入らず、上手い具合に高音が出ない。何か料理を注文するのも考えたがカラオケのフードは高いという気持から断念。原曲キーで歌う事にプライドをかけている私マーだがあまりの力の入らなさから「未完」をマイナス2、「NOT FOUND」をマイナス1で歌唱するという妥協策に走った。苦肉の策である。次は万全の胃袋で臨みたいと思う。

―――――――――――――――――――――――――

6月8日(月)ミスチル届く&リンクが増えたよ


★Mr.Childrenのニューアルバム『REFLECTION{Naked}』がやっと届いた。でっかいね。箱を開けると底の方に神聖で厳かな光を発しそうなUSBが入っていた。ウルトラマンが変身する際にかざしそうなフォルムである。小学生男子ならばテンション急上昇だったろうけど一応大人なので冷静に取り出しパソコンに刺した。まだ数回しか聴いてないがかなーーり良い。時代も何もかも違うから『Atomic Heart』『深海』『BOLERO』辺りとまっさらに比べる事は不可能だけど、2015年6月8日午後6時50分現在ではミスチル史上いちばん好きなアルバムだ。出来るだけ早く感想を書きたい。

★リンクがひとつ増えた。SASAさんの『一進一退days -J-POP Archives-』というブログだ。丁寧な言葉で一つ一つの作品の聴きどころをしっかりと伝えてくれる。何より作品・アーティストに対する愛を感じるブログ。こういう素敵なブログと繋がれた事が嬉しい。コミュニケーションが苦手な俺だけどこうして好きな音楽を通じて交流が出来るというのは有難い事だ。

―――――――――――――――――――――――――

6月6日(土)AKB48 41stシングル選抜総選挙~順位予想不可能、大荒れの一夜~


★感想羅列。ひとこと日記なんだけど全然ひとことでは無い。ご了承頂きたい。

★わたくしマーのイチオシメンバー・小笠原茉由(通称まーちゅん)は圏外という結果だった。初年度以外は何だかんだランクインしていたので実に4年ぶりの圏外である。この結果を重く受けて卒業なんかを考えないか心配。圏外のメンバーには何票入ったのか不明だけど、少なくとも俺の入れた1票は入っている。0票では無い。君は独りでは無いのだ(何を言ってるんですかねワタシは)。

★最終結果は速報通りさしこ1位。順当だよね。出来たら新しい王者が見たかったなとも思うけども人気や露出度諸々考えたらやっぱこうなるんだろう。てか来年このトップ3は出場するんだろうか。

★個人的に面白かったスピーチは横山由依。多大なるプレッシャーの為か、時期総監督に指名された途端にトーク下手になった気がするんだけど大丈夫だろうか?それが面白さを生んでるから良いんだけど。

★1位宣言していたメンバー松井珠理奈・山本彩は揃って想定の範囲内の順位に。もう人気は頭打ちって感じがする…。

★北原里英や高柳明音のような功労者が選抜入りしているのが感動的だった。

★兒玉遥、須田亜香里の落胆ぶりは観てるのが辛くなる程だった。

★自軍がランクイン(特にあまり名が売れてないメンバー)するたびに、異様な程に盛り上がっていたHKTメンバーが印象的だった。フレッシュさを感じる。あーいうのは観ていて楽しくなる。俺の観た限りだと穴井千尋の名が呼ばれた瞬間が仲間盛り上がりの絶頂だった気が。

★やっぱNMB弱いよな…。

以下、最終開票結果

1位 指原莉乃(HKT48 Team H)
2位 柏木由紀(AKB48 Team B/NGT48)
3位 渡辺麻友(AKB48 Team B)
4位 高橋みなみ(AKB48 Team A)
5位 松井珠理奈(SKE48 Team S/AKB48 Team K)
6位 山本彩(NMB48 Team N/AKB48 Team K)
7位 宮脇咲良(HKT48 Team KⅣ/AKB48 Team A)
8位 宮澤佐江(SNH48 Team SⅡ/SKE48 Team S)
9位 島崎遥香(AKB48 Team A)
10位 横山由依(AKB48 Team A)
11位 北原里英(NGT48)
12位 渡辺美優紀(NMB48 Team BⅡ/AKB48 Team B)
13位 松村香織(SKE48 Team KⅡ)
14位 高柳明音(SKE48 Team KⅡ)
15位 柴田阿弥(SKE48 Team E)
16位 武藤十夢(AKB48 Team K)

アンダーガールズ
17位 兒玉遥(HKT48 Team H/AKB48 Team K)
18位 須田亜香里(SKE48 Team E)
19位 峯岸みなみ(AKB48 Team K)
20位 大矢真那(SKE48 Team S)
21位 朝長美桜(HKT48 Team KⅣ)
22位 木﨑ゆりあ(AKB48 Team B)
23位 谷真理佳(SKE48 Team E)
24位 古畑奈和(SKE48 Team KⅡ)
25位 高橋朱里(AKB48 Team 4)
26位 小嶋真子(AKB48 Team 4)
27位 大場美奈(SKE48 Team KⅡ)
28位 加藤玲奈(AKB48 Team B)
29位 岡田奈々(AKB48 Team 4)
30位 高城亜樹(AKB48 Team K)
31位 渕上舞(HKT48 Team KⅣ)
32位 田島芽瑠(HKT48 Team H)


ネクストガールズ
33位 穴井千尋(HKT48 Team H)
34位 白間美瑠(NMB48 Team M/AKB48 Team A)
35位 藤江れいな(NMB48 Team M)
36位 上西恵(NMB48 Team N)
37位 坂口理子(HKT48 Team H)
38位 二村春香(SKE48 Team S)
39位 内山奈月(AKB48 Team B)
40位 矢倉楓子(NMB48 Team M)
41位 多田愛佳(HKT48 Team KⅣ)
42位 岡田栞奈(HKT48 Team KⅣ)
43位 森保まどか(HKT48 Team KⅣ)
44位 向井地美音(AKB48 Team K)
45位 宮前杏実(SKE48 Team S)
46位 神志那結衣(HKT48 Team H)
47位 田野優花(AKB48 Team K)
48位 木本花音(SKE48 Team E)


フューチャーガールズ
49位 佐藤すみれ(SKE48 Team E)
50位 佐々木優佳里(AKB48 Team A)
51位 松岡菜摘(HKT48 Team H)
52位 後藤理沙子(SKE48 Team S)
53位 磯原杏華(SKE48 Team E)
54位 小谷里歩(NMB48 Team N)
55位 惣田紗莉渚(SKE48 Team KⅡ)
56位 梅田彩佳(NMB48 Team BⅡ)
57位 茂木忍(AKB48 Team K)
58位 渋谷凪咲(NMB48 Team BⅡ/AKB48 Team 4)
59位 加藤夕夏(NMB48 Team N)
60位 薮下柊(NMB48 Team BⅡ)
61位 東李苑(SKE48 Team S)
62位 加藤るみ(SKE48 Team E)
63位 山内鈴蘭(SKE48 Team S)
64位 吉田朱里(NMB48 Team N)


アップカミングガールズ
65位 斉藤真木子(SKE48 Team E)
66位 北川綾巴(SKE48 Team S/AKB48 Team 4)
67位 大森美優(AKB48 Team 4)
68位 梅本まどか(SKE48 Team E)
69位 永尾まりや(AKB48 Team K)
70位 鎌田菜月(SKE48 Team E)
71位 石田晴香(AKB48 Team K)
72位 植木南央(HKT48 Team KⅣ)
73位 熊崎晴香(SKE48 Team E)
74位 谷川愛梨(NMB48 Team M)
75位 大和田南那(AKB48 Team A)
76位 竹内舞(SKE48 Team S)
77位 石田安奈(SKE48 Team KⅡ)
78位 篠崎彩奈(AKB48 Team K)
79位 市川美織(NMB48 Team BⅡ)
80位 本村碧唯(HKT48 Team KⅣ)


―――――――――――――――――――――――――

6月4日(木)4年ぶりに

★わたくしマーは『AKB48 41stシングル選抜総選挙~順位予想不可能、大荒れの一夜~』において、AKB48チームA(異動予定)の小笠原茉由さんへ1票入れた事をここでご報告させていただきます。元々このブログでもちょこちょこ小笠原さんの話題は出してきたが、一体何者なのか知らないという方も大勢居る事だろう。この娘である。先日発表された速報ではまさかの圏外となってしまい、ツイッターでも嘆かれていたので今回投票へと踏み切った。開票ではどうなるかな。ちなみに過去の総選挙では圏外(11年)→60位(12年)→54位(13年)→76位(14年)と常にギリギリであり気は抜けない。

★AKBの総選挙に参加するのは初めてでは無くて、実は4年前にも高橋みなみへ3票入れている。あの52790票の内の3票は俺なのだ。「フライングゲット」の選抜には俺の意見もすこーし入っているのだ。そう考えると面白い。ちなみに投票はオフィシャルモバイルファンクラブの有料会員に入会→投票→即退会という方法を取っている。これだと300円ちょっとで投票できるのでお手頃。ではまた。

―――――――――――――――――――――――――

6月3日(水)『ENGEI グランドスラム』感想


5月30日にフジテレビで放送されたお笑いネタ番組『ENGEI グランドスラム』の簡易感想を。司会はナインティナインと松岡茉優。※出演芸人の順番は大雑把ですので実際とは異なります。

・ブラックマヨネーズ…M-1グランプリ2005優勝時の格闘技ネタをほぼそのまま披露。漫才自体は文句無しに面白いが如何せん何度もビデオで繰り返し観たネタなので始まった途端に「あ~またコレか」と思ってしまった。10年前のネタなので若い視聴者には新鮮味があるのかもしれないけど。M-1以降ブラマヨの漫才ってコレと「ボーリング(M-1一本目)」と「目覚まし」の3種類しか観ていない。新ネタを作ろうという気持ちはもう無いのだろうか?

・オードリー…お馴染みのズレ漫才。初めて観るネタ。面白かったし、近年若林が司会業にシフトしてきているので漫才をしている姿自体が新鮮に感じられた。

・博多華丸・大吉…このコンビは安定してはいるんだけどそこまで爆笑する感じでもない。ネタよりトーク番組に出ている時の方が面白く思う。

・ロバート…口(くち)ギターソロ教室という意味不明なスクールの講師・秋山とそこに体験入学する山本。ロバートワールド全開のコントで最高に面白かった。鬼才・秋山にしか作れないコント。他の芸人がやってもここまで爆発力は無いだろう。

・サンドウィッチマン…結婚式のスピーチの練習をする漫才。前も観た事あるけど所々アレンジされてて楽しめた。富澤がスピーチの台本を出しただけで拍手が巻き起こっていた。

・ナイツ…塙がインタビュアーに挑戦する漫才。これも観た事あったが楽しめた。最近ヤホー漫才やらないね。

・NON STYLE…狼男の悲哀を嘆く漫才。井上が狼に変身する際の「ウォー!!」という叫びが何故かめちゃくちゃ面白い。井上イジリを極力抑えた構成だったのも好印象だった。

・矢野・兵動…ナイナイと同期の漫才師。兵動の方は『すべらない話』でも有名。漫才というよりは兵動の漫談に矢野がちょこちょこ突っ込んでいるような印象。でも面白かった。矢野は典型的な関西の芸人という感じの人。

・ピース…キングオブコント2010で披露した名作コント。5年前の初見はかなり面白かったが2回目はそこまででもなかった。

・笑い飯…給食センターをテーマにした漫才。初めて観たが凄く面白い。

・バカリズム…巷によく居る女性の生態を描いた一人コント。かなり共感する。人数がどんどん増えていき最終的には犬にまでなってしまうのが面白かった。「私変わってるのかな!?」という台詞はフルーツポンチの「アンダーグラウンドぶる男」や西野カナの「ダーリン」を思い出した。

・どぶろっく…「もしかしてだけど」と「○○な女」の二本立て。内容もバカらしくて面白いが個人的には「○○な女」の「女はァ~~~~♪」の時の森(ギターの方)の顔が一番面白い。

・パンクブーブー…二人で荷物を持ち上げる際の掛け声のタイミングが合わないという漫才。安定して面白いが、過去にもっと強いネタ沢山あったんだよな~と思ってしまう。

・TKO…裏口入学のコント。キングオブコントか何かで観た事があった。普通。

・東京03…娘の出産についての家族会議がいつしかキャバクラ論に変わってゆくコント。面白いが過去の名作たちと肩を並べる程では無いかな。豊本は安定の女装。

・ウーマンラッシュアワー…村本がステージをうねり歩きながら、相方・中川への不満をぶちまけるという漫才。THE MANZAI2013の2本目に近い。こういう構成はメタ漫才と言うのだろうか?つまらなくはないけど漫才としてはイマイチだと思う。

・日本エレキテル連合…人探し番組のコント。インパクトのある設定だけど、その設定を超えるような内容では無かったと思う。

・フットボールアワー…オーソドックスな漫才スタイルながらワクワクするような展開の妙もあいまって最高に面白かった。「焼かんでええやん!!」の一言がここまで面白くなるとは。後藤の上手さは勿論のこと、後半の岩尾の狂気じみた逆襲も流石。個人的にこの日のナンバー1。

・爆笑問題…安心安定のコンビ。順当の時事ネタでしっかり締めてくれた。ただちょっと短かったような。

ネタ番組、また増えてほしいね。

―――――――――――――――――――――――――

6月2日(火)ひとこと日記始動

★こんばんは、マーです。完全に凍結状態となっている日記コーナーの救済処置として、本日から試験的にひとこと日記を開始しようと思います。日々思う事や、どーでもいいような事をボソボソ呟いていくつもり。月別シングル感想やアルバム感想と同じく、一つの記事にちょっとずつ書き足していくスタイルにしようと思ってます。何か短すぎる記事が残るのが嫌なんですよね、他の記事とのバランス的に。まぁこのスタイルも馴染まなかったら廃止になっちゃうかもしれませんがひとまずどうぞよろしく。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
kazeno_yukue at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)風の日記 

シングルレビュー ~2015年6月編~

2015年6月発売シングルの感想。


『RED』B'z
(6月10日 最高1位 初動15.7万枚 売上19.2万枚)

「RED」
(作詞:KOSHI INABA、作曲:TAK MATSUMOTO、編曲:HIDEYUKI TERACHI・B'z)
広島東洋カープの黒田博樹投手から入場曲としての依頼を受け制作されたというナンバー。かなりの急ピッチで作られたらしく、作詞の時間も満足に取れなかったのか1番と2番のサビは同じ。いつものB'zらしい骨太ロックという感じで満足度の高い一曲。3月のアルバム『EPIC DAY』と比べると多少ロック度が増している気も。
満足度★★★★☆

 初回盤DVD付  オリジナルリストバンド付赤盤  通常盤

―――――――――――――――――――――――――

『出逢いの続き』渡辺麻友
(6月10日 最高2位 初動4.8万枚 売上5.6万枚)

「出逢いの続き」
(作詞:秋元康、作曲:松本サトシ、編曲:若田部誠)
本人主演のフジテレビ系ドラマ『戦う!書店ガール』主題歌。ドラマの方は低視聴率で何かとネタにされがちだったが、主題歌であるこの曲はかなり良かった。これまでのシングルの中では最もJ-POP的というか、アイドルアイドルしていないので非常に風通し良く耳に入って来る。最近ではバラエティー番組中心にぶっちゃけ系(?)のアイドルが主流となり、その中で「正統派」とか「王道」という肩書を背負わされた彼女はどこか“知らぬ間に築いてた自分らしさの檻の中でもがいてる”(by Mr.Children「名もなき詩」)ようにも見えるが頑張って欲しい所だ。ネット上では“裏の顔”みたいなものも流出ししかもファンにはそれが好感触で「このキャラで行って欲しい」みたな声もあるみたいだけどね。
満足度★★★★☆

「女の子なら」
(作詞:秋元康、作曲:宅見将典、編曲:Carlos.K.)
Avail(アベイル)CMソング。軽快なアイドルポップ。
満足度★★★☆☆

「夕暮れと星空の間」
(作詞:秋元康、作曲・編曲:石井健太郎)
通常盤収録曲。メロディアスなミディアムナンバー。スケールの大きさを感じる。こちらもJ-POP的な印象の強い良曲。
満足度★★★★☆

 完全生産限定盤  初回盤A  初回盤B  通常盤




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote