2013年02月

2013年02月28日

シングルレビュー ~2013年2月編~

2013年2月発売シングルの感想。


『ショートケーキ』柏木由紀
(2月6日 最高2位 初動10.5万枚 売上12.8万枚)

ショートケーキ (初回盤タイプA)ショートケーキ (初回盤タイプB)ショートケーキ (初回盤タイプC)ショートケーキ (通常盤タイプA)ショートケーキ (通常盤タイプB)ショートケーキ (通常盤タイプC)ショートケーキ (劇場盤)

「ショートケーキ」
(作詞:秋元康、作曲・編曲:YUMA)
AKB48から板野友美、前田敦子、岩佐美咲、渡辺麻友、指原莉乃、河西智美に続く7人目のソロデビュー。テレビ東京系ドラマ『ミエリーノ柏木』主題歌。清純派みたいな感じで言われる柏木のイメージそのままのスウィートソング(何じゃそりゃ)。音楽番組で聴いた時にそれほど印象に残らなくて、いざCDで聴いてみたら…やっぱり印象は変わらなかった。何だか可もなく不可もなくという当たり障りなしソングというか。フレンチ・キスのカップリングに入っていた柏木のソロ曲「沈黙」は大好きだったのだが…。彼女の声にはこういったハッピーな曲よりも少しダーク寄りな曲の方が実は合うのではと思った。
満足度★★☆☆☆

「それでも泣かない」
(作詞:秋元康、作曲:川崎里実、編曲:五十嵐淳一)
テレビ東京系『ミエリーノ柏木』挿入歌。ゆったりバラードでメロディーが結構耳に残る。今回のシングルでは一番好みの曲。上手く言えないけど、何だか全体的に2000年~2001年頃のJ-POPの空気感を感じる。
満足度★★★☆☆

「桜の木になろう Acoustic Ver. feat.押尾コータロー」
(作詞:秋元康、作曲:横健介、編曲:押尾コータロー by the courtesy of SME Records Inc.)
Type-A収録曲。2011年発売のAKB48のシングル曲をアコギ主体のバージョンにアレンジ。原曲はAKBの中でも1、2を争う程好きで、そこまではいかないがこちらのバージョンも中々悪くない。ギターの音色だけでも心地良く楽しめる。
満足度★★★☆☆

「未来橋」
(作詞:秋元康、作曲:吉野貴雄、編曲:五十嵐淳一)
「クラス会の後で」
(作詞:秋元康、作曲:小網準、編曲:酒井陽一)
それぞれType-B、Type-C収録曲。総じてあまり印象的では無かった…。
どちらも満足度★★☆☆☆

―――――――――――――――――――――――――

『So long !』AKB48
(2月20日 最高1位 初動103.6万枚 売上113.3万枚)

So long !【多売特典生写真付き】(通常盤)(TYPE-A)(DVD付)So long !【多売特典生写真付き】(通常盤)(TYPE-K)(DVD付)So long !【多売特典生写真付き】(通常盤)(TYPE-B)(DVD付)So long !【劇場盤】 [Maxi] [CD] AKB48

「So long !」
(作詞:秋元康、作曲:久次米真吾、編曲:野中“まさ”雄一)
篠田麻里子、高橋みなみ、渡辺麻友、板野友美、大島優子、柏木由紀、小嶋陽菜、島崎遥香、峯岸みなみ、横山由依、北原里英、松井珠理奈、松井玲奈、渡辺美優紀、山本彩、指原莉乃
NTTdocomo『応援学割〈AKBダケになりました・初めての告白を応援〉篇』CMソング、一般社団法人 自転車協会『BAA「つくる」篇』CMソング、AKB48×日テレ 3夜連続ドラマ『So long !』主題歌。恒例の桜ソング。昨年の「GIVE ME FIVE!」はバンド形態、一昨年の「桜の木になろう」はかなり暗めな作風、さらに前の「桜の栞」は合唱曲だったという流れを考えるとかなり久々に王道というかストレートな春うたが来たなという感じがする。やさしく風がそよぐようなミディアムナンバーで、最初にテレビで聴いたときは「あんまり…」と思ったのだがCDで聴いたら予想外に胸に染みてきた。間奏でマイナーコードに切り替わりギターフレーズが入ってくる所なんかはたまらない。やはりAKBの春うたにハズレ無し。発売前には渡辺麻友、松井珠理奈、島崎遥香のトリプルセンターだみたいな情報が流れ、実際に音楽番組等での立ち位置を見ても確かにセンターは3人のように見えた(あくまで渡辺主体だが…)のだが、Wikipediaを覗くとセンターは渡辺で一本化されている。
満足度★★★★☆

「Waiting room」アンダーガールズ
(作詞:秋元康、作曲:太田美知彦、編曲:若田部誠)
入山杏奈、大島涼花、川栄李奈、菊池あやか、高橋朱里、島田晴香、永尾まりや、大場美奈、加藤玲奈、藤江れいな、木﨑ゆりあ、菅なな子、須田亜香里、木本花音、古畑奈和、山田菜々、矢倉楓子、薮下柊、多田愛佳、兒玉遥、宮脇咲良、田島芽瑠
ユーキャン『AKBチャレンジユーキャン!〈WEBアテンション1〉篇』CMソング。アンダーガールズらしい弾けたアイドルポップ。〈同期のあのメンバーが 期待の星と言われてる〉等、光を浴びずに言わばくすぶっているメンバーの心境が歌われる。しかしここで歌唱しているメンバーは充分活躍している気もしますがね。センターは川栄李奈とHKT田島芽瑠。
満足度★★★☆☆

「Ruby」篠田TeamA
(作詞:秋元康、作曲・編曲:KEIGO)
伊豆田莉奈、入山杏奈、岩田華怜、大島涼花、河西智美、川栄李奈、菊地あやか、小林茉里奈、佐藤すみれ、篠田麻里子、高橋朱里、高橋みなみ、田野優花、中塚智実、仲俣汐里、仁藤萌乃、松井咲子、森川彩香、渡辺麻友、小谷里歩、横山由依
TYPE-A収録曲。クールなダンスナンバー。そんなに好みでは無い系統なんだけどこの曲に関しては結構良いなと感じた。センターは渡辺麻友と高橋みなみ。
満足度★★★☆☆

―――――――――――――――――――――――――

『ON AND ON』Every Little Thing
(2月20日 最高18位 初動0.4万枚 売上0.5万枚)

ON AND ON (SINGLE+DVD)ON AND ON

「ON AND ON」
(作詞:Kaori Mochida、作曲:HIKARI、編曲:HIKARI・Every Little Thing)
ニッセン春季CMソング。全体を通して非常に爽やかであり、サビは抜群にキャッチー。ここ数年のシングルはあまり印象に残ってないのだがこれは久々の名曲ではなかろうか。90年代を超える事は不可能だと勝手に決め付けていたが、現在には現在の良さがしっかりあるんだと気づかされた。
満足度★★★★★

「ON AND ON ~Jazztronik Remix~」
(Remixed by Ryota Nozaki(Jazztronik))
元々明るいナンバーだがこのリミックスでは更に陽気にチャカチャカさせた感じになっている。原曲の方が良いかなー。
満足度★★☆☆☆

―――――――――――――――――――――――――

『Mistake!/Battery』SMAP
(2月27日 最高1位 初動16.2万枚 売上23.5万枚)

Mistake! / Battery (初回盤A)Battery / Mistake! (初回盤B)Mistake! / Battery (初回盤C)Smap Battery Mistake ユニバーサルスタジオジャパン限定盤CD+DVD

「Mistake!」
(作詞:いしわたり淳治、作曲:HIKARI、編曲:CMJK)
フジテレビ系『SMAP×SMAP』テーマソング。90年代J-POPの空気を纏ったダンスナンバー。早口なサビだけでなくAメロ、Bメロも抜群に耳に残るキャチーさに溢れている。ここ何年かのシングルでは一番お気に入りとなった。何だか凄くSMAPらしい曲だと思う。2番Aメロの中居のパートが特に好き。作曲のHIKARIは浜崎あゆみやEvery Little Thing等への曲提供でもよく名前を見かけるミュージシャンだ。
満足度★★★★★

「Battery」
(作詞:Jeff Miyahara、作曲・編曲:Jeff Miyahara・blackSHEEP、Sound Produced by Jeff Miyahara)
『UNIVERSAL STUDIOS JAPAN×SMAP:WORLD ENTERTAINMENT PROJECT』CMソング。シングル初の全編英語詞。洋楽っぽい雰囲気でこちらもノリの良いダンスチューン。サビの「ハ~イヤ~、ハ~イヤ~♪」はかなり印象的(なんかカタカナにすると伝統芸能っぽいが…)。通常盤と初回盤Cの3曲目にはJeff Miyaharaによるリミックス「Battery(Jeff Miyahara Remix)」が収録されておりそちらも中々カッコ良い仕上がりです。
満足度★★★☆☆



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote